スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#149 Dark Island / Mike Oldfield 



1997年に発売された、Mike Oldfieldの『Voyager』に収録されている。

『Voyager』はMike Oldfieldの原点となる、ケルティックなサウンドでまとまったアルバム。
トラッドなカバーから、ケルティックなオリジナル、はたまた壮大な10分以上の楽曲まである面白みのある作品。
前後に『The Song of Distant Earth』や『Tubular Bells III』などがあるため、目立たないが佳作である。

Dark Islandはトラッドのアレンジで、インストゥルメンタル。
大人しい印象を受けるアルバムの中では、展開もありなかなか聴き応えはあると思う。

トラッドフォーク系が好きなら必聴の1曲です。

Voyager.jpg

1 The Song Of The Sun
2 Celtic Rain
3 The Hero
4 Woman Of Ireland
5 The Voyager
6 She Moves Through The Fair
7 Dark Island
8 Wild Goose Flaps Its Wings
9 Flowers Of The Forest
10 Mont St Michel
[2016/02/13 20:35] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#148 群青 / スピッツ 



2007年に発売された、スピッツの『さざなみCD』に収録されている。

スピッツはロックバンドで、メタル・パンク的な要素を持ちつつも、フォークロックを基礎とした独特な音楽観を展開する。
ヒットソングを多く有し、ロビンソン、チェリー、空も飛べるはずなど、枚挙にいとまがない。

『さざなみCD』は12枚目のアルバム。
オリコンチャート1位、日本レコード協会ではプラチナ認定されている。
CDの名前に「CD」とつける例はあまり聞かないので、面白いネーミングだと思う。

「群青」は爽やかな曲で、スピッツらしい1曲。
バックコーラスにスキマスイッチの大橋卓弥と植村花菜が参加している。

なぜこのアルバムを買ったかというと、仕事で使われていて気になったkら。
たまに聴くとすごい心地よくなる。

こだまするように その名前を叫ぶ ころんで起き上がる愚かな
僕はここにいる すでにもう奇跡 花が咲いているよ


510Xp7L1ujL.jpg

01. 僕のギター
02. 桃
03. 群青
04. Na・de・Na・de ボーイ
05. ルキンフォー
06. 不思議
07. 点と点
08. P
09. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の花
[2016/02/11 20:08] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#147 ねぐせ/北白川たまこ 



2013年に発売された、北白川たまこの『ねぐせ』のシングルタイトル曲。
アニメ『たまこまーけっと』のエンディングテーマ。

北白川たまこは、アニメ『たまこまーけっと』の主人公
声優は洲崎綾。

『ねぐせ』は山口優の作曲で、チルアウト的な意味も込められたと思われるテクノポップな曲。
アニメはコミカルに展開されるので、その差異に心地よくなることができる。

アニメ自体はキテレツ大百科と並んで日常系では名作だと思うので、ぜひご視聴くださいませ。

tumblr_nvpgrouJw31qi5qt1o1_500.jpg


1.ねぐせ
2.キミの魔法
3.ねぐせ(Instrumental)
4.キミの魔法(Instrumental)
[2016/02/10 19:03] 2010年代 | TB(0) | CM(0)

#146 Starless / King Crimson 



1974年に発売された、King Crimsonの『Red』に収録されている。

『Red』はKing Crimsonの7枚目のアルバム。
King Crimsonでは、第1期の最後に出したアルバムということもあり、プログレッシブロックの終焉を感じさせる1枚。
全体としては重厚かつ哀愁を漂わせる楽曲群が彩る。

Starlessは、アルバムのラストである5曲目に位置する名曲である。
前半は哀愁漂うボーカル、楽曲半ばは即興的な演奏が特徴、後半は畳みかけるように主題が流れ込む。

プログレッシブロックでは間違いなく名作であり、名曲なので、必聴。

日本人では、高嶋政宏のカバーが有名だろう。

Ice blue silver sky
Fades into grey
To a grey hope that all yearns to be
Starless and bible black


Red,_King_Crimson

1. Red(レッド)
2. Fallen Angel(邦題:堕落天使)
3. One More Red Nightmare(邦題:再び赤い悪夢)
4. Providence(邦題:神の導き)
5. Starless(スターレス)
[2016/02/09 20:35] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#145 夏の日の午後 / eastern youth 



1998年に発売された、eastern youthの『旅路ニ季節が燃エ落チル』に収録されている。

eastern youthは3ピースのロックバンドである。
ジャンル的に言えばエモだが、2000年代前半のブーム前に現れた、先駆けである。

『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』はeastern youthの6枚目のアルバム。
エモと日本的な叙情が混ざった、ハードながらに聴きやすいサウンドが特徴的なアルバム。

「夏の日の午後」は、そんなアルバムの1曲目。
あまりエモは聞かないけど、この曲は耳を傾けやすい名曲。

ハードなサウンドではあるけど、それ以上の実直さと叙情さがとても不思議な感覚となる。

蝉時雨と午後の光
まだ生きて果てぬこの身なら
罪も悪も我と共に在りて


tabiji.jpg


1.夏の日の午後
2.男子畢生危機一髪
3.泥濘に住む男
4.青すぎる空
5.淡い影
6.徒手空拳
7.何処吹く風
8.足音
9.寄る辺ない旅
10.歌は夜空に消えてゆく
[2016/02/08 20:41] 1990年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。