スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#109 僕の歌を総て君にやる / 筋肉少女帯 



1996年に発売された、筋肉少女帯のキラキラと輝くものに収録されています。

筋肉少女帯は1994年に活動が一時中断していたが、1996年にアルバムをリリースして活動を再開。
逃避や妄想などのコンセプチュアルな内容から、私小説的な楽曲が多くなっていった。

キラキラと輝くものは筋肉少女帯の11枚目のアルバム。
大槻ケンヂの私小説的な雰囲気と、橘高文彦のメロメタル的な要素が濃いが、ポップな楽曲も多い。

僕の歌を総て君にやるはキラキラと輝くものの4曲目に配置されている。
また、13枚目のシングル。

完全に泣きの入ったメロメタルであり、今までの筋肉少女帯の流れとは完全に異なる。
歌詞もさみしげで、大槻ケンヂの思いの丈がぶつかったような楽曲。

名曲であることは間違いないので、ぜひ聴いてみてください。

ああ子供たちは 息たえる時に
童謡を歌うと聞くぜ
君のスカートにポケットはあるか?
あるならホラ手出してごらん
君のソックスは折り返せるだろ?
だったらホラ挟んでごらん
人を救うはずなのに 自分さえ
救えやしない人のさ 心さ

大好きだよ君が 初めてさぁ言うが
僕の歌を総て 君にやるよ
どうも俺は 長く生きてけないような
気がするから だから総てやるよ


kirakira.jpg

1. 冬の風鈴~序文
2. 小さな恋のメロディ
3. 機械
4. 僕の歌を総て君にやる
5. サーチライト
6. そして人生は続く
7. ザジ,あんまり殺しちゃダメだよ
8. ベティー・ブルーって呼んでよね
9. お散歩モコちゃん
10. 冬の風鈴
[2013/02/13 00:39] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#107 Breathe / The Prodigy 



1997年に発売された、The ProdigyのThe Fat of the Landに収録されています。

The Prodigyは、イギリスのエレクトロロックバンド。
テクノとロックの融合を果たし、90年代のダンスミュージックの代表格。

The Fat of the LandはThe Prodigyの3枚目のアルバム。
いわゆるビッグビートに当たるが、様々な音楽を内包したアルバムと言ってよい。

BreatheはThe Fat of the Landの2曲目に配置されている。
サンプリングボイスでないボーカル、攻撃的なサウンドが話題を呼んだ。

なかなか楽しい楽曲なので、ぜひ聴いてみてください。


I don't wanna leave tonight (tell me why you leaving),
I don't wanna wait for time (yeah yeah yeah)
But I don't wanna be your lie (woah oh)


The-Prodigy-The-Fat-of-The-Land.jpg

1. Smack My Bitch Up
2. Breathe
3. Diesel Power
4. Funky Shit
5. Serial Thrilla
6. Mindfields
7. Narayan
8. Firestarter
9. Climbatize
10. Fuel My Fire

[2013/02/11 11:29] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#105 Guru / Underground Searchlie 



1998年に発売された、Underground Searchlieのスケキヨに収録されています。

Underground Searchlieは大槻ケンヂのソロプロジェクト。
メジャーレーベルでアングラの音楽を作ることを目的としている。

スケキヨはUndergounrd Searchlieの1枚目のアルバム。
「絶対に売れないものを作る」ことを目的として作られたアルバムである。なお、これより約1ヶ月遅れて『アオヌマシズマ』を出しており、2つを聴くことにより一つをなす、としている。

Guruはスケキヨの6曲目に配置されている。
作詞・作曲とも大槻ケンヂ

大槻ケンヂの中でも屈指の名バラード。三柴理のピアノが美しく奏でられる。
後に筋肉少女帯でもカバーされた。

歌詞としては、植物園に行った男女二人の話が展開される。
ちなみに、Guruとは指導者という意味。

ぜひ、聴いてみてください。

植物園で倒れ 泣き崩れちゃっても
君は綺麗だな 血みどろになっても
ミルクドレスがいいね 血の赤に冴えるね
さみしい魂は 夜の花を照らし
綺麗だ


sukekiyo.jpg

1. 不必要にヒラヒラのついた服
2. 少女はメッサーシュミットに乗って
3. 君は千手観音
4. ワインライダー・フォーエバー
5. 横隔膜節
6. Guru

[2013/02/09 12:53] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#103 Home / Dream Theater 



1999年に発売された、Dream TheaterのMetropolis,Pt.2-Scene from a memory-に収録されています。

1999年、Dream TheaterのキーボードにJordan Rudessが加入した。
同年、初のコンセプトアルバムをリリースした。

Metropolis,Pt.2-Scene from a memory-はDream Theaterの5枚目のアルバム。
Metropolis,Pt.1-Miracle and Sleeper-の続編である。
悪夢に悩まされる青年・ニコラスの前世を巡るストーリーをアルバム全体で表現している。

HomeはMetropolis,Pt.2-Scene from a memory-の8曲目に配置されている。
シタールのような音が印象的だが、基本的にへヴィだがスローテンポの楽曲である。

歌詞としては、ヴィクトリアとの恋仲に悩む、ミラクルとスリーパーが描かれる。

Dream Theaterの楽曲の中では、1,2を争うほど好きなのですが他の人はどう思うのでしょうか?
とにかく、かっこいい。

scenesfromamemory.jpg

1. Regression
2. Overture 1928
3. Strange Deja Vu
4. Through My Words
5. Fatal Tragedy
6. Beyond This Life
7. Through Her Eyes
8. Home
9. The Dance Of Eternity
10. One Last Time
11. The Spirit Carries On
12. Finally Free
[2013/02/07 20:02] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#82 Sing It Back / Moloko 



1998年に発売された、MolokoのI AM A NOT DOCTORに収録されています。

Molokoはイングランドのユニットである。
トリップホップの楽曲が多い。

I AM NOT A DOCTORはMolokoの2枚目のアルバム。
かなり固めの音楽ながら、ヒットシングルをいくつか有する。

Sing It BackはI AM A NOT DOCTORの7曲目に配置されている。
クラブシーンで大ヒットし、数々のリミックスが出されている。

楽曲的にはリズムトラックとボーカル(メロディ)のみと、めちゃくちゃ質素ながら、とても聴きやすい魅力的である。
聴いたことがない人はぜひ。リミックスも、YouTubeでお探しあれ。

Bring it back
Sing it back
Bring it back
Sing it back to me


iamnotadoctor.jpg

1. The Flipside
2. Knee Deepen
3. Blink
4. Stylophone Pet
5. Downsized
6. Sorry
7. Sing It Back
8. Pretty Bridges
9. Be Like You
10. Caught In A Whisper
11. Dr Zee
12. The ID
13. Tatty Narja
14. Over My Head
15. Should've Been Could've Been

[2013/01/17 08:30] 1990年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。