スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#114 Revolution Calling /Queensryche 



1988年に発売された、QueensrycheのOperation:Mindcrimeに収録されています。

Queensrycheはアメリカのプログレッシブロックバンド。
メタルを基調としながら、コンセプチュアルな志向が話題を呼んだ。

Operation:MindcrimeはQueensrycheの4枚目のアルバム。
麻薬中毒者のニッキーがアンダーグラウンドな反権力勢力へ加重していくさまが描かれる。

Revolution CallingはOperation:Mindcrimeの3曲目に配置されている。
疾走感あふれるメタルナンバーだが、コーラスがとても綺麗でボーカルが力強く、ものすごく聴きやすい。

歌詞は当時の世相を反映してか、社会を変革しなければならない、といった意志を感じさせる。

Revolution calling
Revolution calling
Revolution calling you
(There's a) Revolution calling
Revolution calling
Gotta make a change
Gotta push, gotta push it on through


operationmindcrime.jpg

1. Remember Now
2. Anarchy-X
3. Revolution Calling
4. Operation: Mindcrime
5. Speak
6. Spreading The Disease
7. The Mission
8. Suite Sister Mary
9. The Needle Lies
10. Electric Requiem
11. Breaking The Silence
12. I Don't Believe In Love
13. Waiting For 22
14. My Empty Room
15. Eyes Of A Stranger
[2013/02/18 09:41] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#112 ロマンチスト / The Stalin 



1982年に発売された、The StalinのStop Japに収録されています。

The Stalinは1982年にメジャーデビューを果たした。
その際は。かなりの歌詞修正を求められたようである。

Stop JapはThe Stalinのメジャーデビューアルバム。
The Stalinの得意とするパンク楽曲が集まった名作である。

ロマンチストはStop Japの1曲目に配置されている。
遠藤ミチロウの過激な歌詞と、流れるような激しい楽曲が特徴的である。

吐き気がするほどロマンチックだぜ

名フレーズですね。ぜひ聴いてみましょう。

stopjap.jpg

1. ロマンチスト
2. STOP JAP
3. 極楽トンボ
4. 玉ネギ畑
5. ソーセージの目玉
6. 下水道のペテン師
7. アレルギーα
8. 欲情
9. MONEY
10. STOP GIRL
11. 爆裂(バースト)ヘッド
12. MISER
13. 負け犬
14. アレルギーβ
15. ワルシャワの幻想

[2013/02/16 07:02] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#85 Musique Non-Stop / Kraftwerk 



1986年に発売された、KraftwerkのElectric Cafeに収録されています。
また、1991年に発売された、kraftwerkのThe Mixにはセルフミックス版が収録されています。

Electric CafeはKraftwerkの9thアルバム。2009年のリマスター盤においては、Techno Popと改題された。
kraftwerkの中では、コンピュータが本格的に導入されたアルバムである。

Musique Non-StopはElectric Cafeの3曲目に配置されている。
主題曲である、Techno Popの最後に位置づけられている、

現在は、The Mix版のほうがよく演奏されている。
軽快なリズムと、音楽は止まらない、といったメッセージ性がとても心地よく、聴いていて飽きない。
まさに、Kraftwerkの音楽性を代表する楽曲といっていいだろう。
ぜひ聴いてみてください。

electric_cafe.jpg

1. Boing Boom Tschak
2. Techno Pop
3. Musique Non Stop
4. The Telephone Call
5. Sex Object
6. Electric Cafe

[2013/01/20 10:14] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#83 風のとおり道 / 久石譲 



1988年に発売された、久石譲のとなりのトトロサウンドトラック集に収録されています。

久石譲は日本の作曲家。多くの映画音楽を手掛ける。
映画音楽以外にも、ミニマルミュージックなどの現代音楽も手掛ける。

となりのトトロサウンドトラック集はとなりのトトロのBGMやテーマソングなどを収録している。
一部が合唱曲などに使用され、とても有名な曲が収録されている1枚となっている。

風のとおり道は、となりのトトロサウンドトラック集の13曲目に配置されている。
となりのトトロのメインテーマの扱いとなっている。

とても雄大で荘厳な雰囲気が漂うが、Mike Oldfield的でもあり、実はミニマルミュージック的なアプローチがとても輝く名曲。
耳を傾けるだけで、充実した気分を味わえるのはそうそうないので、ぜひ一聴を。

tonarino_totoro.jpg

1. さんぽ(井上あずみ)
2. 五月の村
3. オバケやしき!
4. メイとすすわたり
5. 夕暮れの風
6. こわくない
7. おみまいにいこう
8. おかあさん(井上あずみ)
9. 小さなオバケ
10. トトロ
11. 塚森の大樹
12. まいご(井上あずみ)
13. 風のとおり道
14. ずぶぬれオバケ
15. 月夜の飛行
16. メイがいない
17. ねこバス
18. よかったね
19. となりのトトロ(井上あずみ)
20. さんぽ(合唱つき)(井上あずみ,杉並児童合唱団)

[2013/01/18 08:45] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#74 GOOD BYE EARTH / Zabadak 



1989年に発売された、Zabadakの飛行夢(そらとぶゆめ)に収録されています。

Zabadakは、アルファレコードに移籍、プログラミングから生音重視の音楽姿勢に変化していった。
その中で発表されたアルバムが、飛行夢(そらとぶゆめ)である。

飛行夢(そらとぶゆめ)はZabadakの4thアルバム。
アルバムを通して、浮遊感漂うフレーズがほぼ存在する。

GOOD BYE EARTHは飛行夢(そらとぶゆめ)の6曲目に配置されている。
作詞・作曲とも吉良知彦。ボーカルは上野洋子がとっている。
全英語詞で、者悲しげなギターアレンジが全体に施されている。

歌詞としては、環境破壊を全面的に歌っている。
今となっては当たり前の歌詞でも、Zabadakはかなり前から環境破壊について歌っていて、この曲がほぼ最初くらい?だと思われる。
何せ直球の歌詞なので、聴いていて恥ずかしくなる部分もあるかもしれませんが、ぜひ一聴する価値はあるでしょう。

Well i have one question for you
Why do they think they're so clever
Turely it is so strange to me
WHY is MAN the lord of creation

Streams...and reivers...the ocean
We destroyed it
Many woods....and forest....the jungle
We destroyed it

If we can't stop it
Maybe we must say good-bye to mother earth


soratobuyume.jpg

1. FOLLOW YOUR DREAMS
2. 飛行夢(そら とぶ ゆめ)
3. 砂煙のまち
4. I AM…
5. THERE'S A VISION
6. GOOD BYE EARTH
7. 街角・影法師
8. 人形たちの永い午睡
9. WALKING TOUR
10. LET THERE BE LIGHT

他に紹介している曲
アジアの花
Wonderful Life
[2013/01/09 19:03] 1980年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。