スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#65 Solitary Shell / Dream Theater 



2002年に発売された、Dream TheaterのSix Degrees of Inner Turbulenceに収録されています。

Dream Theaterはキーボードが1999年に入れ替えになってから、不安定だったメンバー構成も安定して活動するようになった。
表現力の幅がかなり広がり、アルバムもコンセプチュアルになっていった。

Six Degrees of Inner TurbulenceはDream Thaeterの6枚目のアルバム。
2枚組であり、1-5曲目は通常の楽曲であり、6曲目は表題曲であり組曲である。

Solitary ShellはSix Degrees of Inner Turbulence組曲の6曲目に配置されている。
アルバムだと2枚目の6曲に収録されている。

Dream Theaterの中でもポップで聴きやすく楽しいですが、歌詞は一種の解離症状的な、自閉症的な象徴症状を描いているので、あまりポップでない。(笑)
Six Degrees of Inner Turbulence組曲自体が、病的症状を取り扱った組曲なのですが、この曲のメロディアスな部分でずいぶん救われる気がします。

He's a Monday morning lunatic
Disturbed from time to time
Lost within himself
In his solitary shell

A momentary maniac
With casual delusions
When will he be let out
Of his solitary shell


51-s9Q4raBL.jpg

ディスク:1
1. The Glass Prison
2. Blind Faith
3. Misunderstood
4. The Great Debate
5. Disappear

ディスク:2
1. Six Degrees Of Inner Turbulence: Overture
2. About To Crash
3. War Inside My Head
4. The Test That Stumped Them All
5. Goodnight Kiss
6. Solitary Shell
7. About To Crash (Reprise)
8. Losing Time/Grand Finale

スポンサーサイト

[2012/12/31 09:04] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/67-983dceca


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。