スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#61 朔-saku- / Dir en grey 



2005年に発売された、Dir en greyのWithering to Death.に収録されています。

この頃のDir en greyは音楽性が大幅にへヴィになっており、それと同時に海外からも注目されるようになっていた。
海外ツアーなども組み、ロックフェスへの積極的参加も目立つようになってきた。

Withering to Death.はDir en grey5枚目のアルバム。
彼らのアルバムの中では最もとっつきやすく、聴きやすい。

朔-saku-はWithering to Death.の3曲目に収録されている。
同時に、Dir en greyの17枚目のシングルで表題曲。こちらは2曲目に収録。

非常に激しいサウンドとサビがメロディアスと、Dir en greyの音楽の方向性を決定づけた1曲。

PVが話題となった。団地に住む少年の犯罪が題材であり、放送禁止や規制対象となった。
海外のテレビ音楽番組のPV賞にもグランプリを果たして登場している。

とてもかっこよく、彼らの音楽を特徴づけるサウンドはぜひ聴きものです。

死骸で作った山道をお前たちは笑い歩いている
また手をかけ延ばし
そして百合の花に蟻が群がる

UNDER THE SUN

何一つも救えない人達には両手の中
灰と涙と寡黙を…
残酷なまでにかようは月と太陽
明日さえも眼を塞いだ
赤日に問うは寡黙と…「」


album-withering-to-death.jpg

1. Merciless Cult
2. C
3. 朔-saku-
4. 孤独に死す,故に孤独。
5. 愛しさは腐敗につき
6. Jesus Christ R’n R
7. GARBAGE
8. Machiavellism
9. dead tree
10. THE FINAL
11. Beautiful Dirt
12. Spilled Milk
13. 悲劇は目蓋を下ろした優しき鬱
14. 鼓動

他に紹介している曲
我、闇とて…
スポンサーサイト

[2012/12/27 20:00] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/64-6a026b8f


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。