スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#41 To France / Mike Oldfield 



1984年に発売された、Mike OldfieldのDiscoveryに収録されています。

Mike Oldfieldは、今までの大曲や、トラッドをカバーしていた小曲ではなく、80年代になると徐々に歌ものが多くなっていった。
時代的な背景があると思われる。

Discoveryは、ほぼ歌もので構成されているアルバム。
前作と違うのは、ほとんどノンストップで収録されているということ。
とても聴きやすく、Mike Oldfieldの歌ものアルバムでは随一の出来だと思われる。

To Franceは、Mike Oldfieldの歌ものの中で2番目に有名だと思われる。
ゆったりした中で、物悲しい雰囲気の歌詞が特徴。
ほとんどMike Oldfieldの演奏で、歌はMaggie Reily。
洗練されたこの楽曲はとてもおすすめできます。

Never Going To Get To France
Mary Queen Of Change Will They Find You
Never Going To Get To France
Could A new Romance Ever Bind You


mike-oldfield-discovery-uk-front-cover-14938.jpg

1. To France
2. Poison Arrows
3. Crystal Gazing
4. Tricks Of The Light
5. Discovery
6. Talk About Your Life
7. Saved By A Bell
8. The Lake (Instrumental)


他に紹介している曲
Tubular Bels,Pt.1
Far Above The Clouds
スポンサーサイト

[2012/12/07 19:55] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/43-506d5121


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。