スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#016 dogs / Pink Floyd 



1977年に発売された、Pink FloydのAnimalsに収録されています。

Animalsは、人間を動物に例え、痛烈に批判した内容となっています。
dogsは、ビジネスマンを指した言葉です。
17分もの大曲ですが、とても聴きやすく仕上がっています。

Who was born in a house full of pain
Who was trained not to spit in the fan
Who was told what to do by the man
Who was broken by trained personnel
Who was fitted with collar and chain
Who was given a pat on the back
Who was breaking away from the pack
Who was only a stranger at home
Who was ground down in the end
Who was found dead on the phone
Who was dragged down by the stone


こういうフレーズを聴くと耳が痛くなりますね。
和訳はこちらのサイトでご覧になってください。

ちなみに、pigsが資本家、sheepsが平凡な労働者として例えられています。

cover_54531715102008.jpg

1. Pigs On The Wing (Part One)
2. Dogs
3. Pigs (Three Different Ones)
4. Sheep
5. Pigs On The Wing (Part Two)

他に紹介している曲
Another Brcik in the wall,Pt.2
スポンサーサイト

[2012/11/12 10:07] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/17-813ab995


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。