スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#150 Calling / 氷室京介 



1988年に発売された、氷室京介の『Neo Fascio』に収録されている。

氷室京介はご存知のとおり、BOØWYのボーカル。
1988年よりソロ活動をしている。

『Neo Fascio』は2枚目のソロアルバムで、いわゆるコンセプトアルバム。
カリスマを否定する内容で、BOØWYのイメージで聴くと意外性に驚くだろう。

Callingはアルバムの10曲目に位置している。
アルバムのハイライト的な楽曲で、爽やかなロックサウンドとなっている。

上の動画は、Final FantasyVII Advent Children(映像作品)のエンディングであるが、この曲が起用されいてる。
自分はこれを見てこの曲を知ったのだけど、作者はこの楽曲をイメージしていたらしく、作風ととても合っていると思う。

ふりしぼる声と握りしめるその手で
運命はきっと変わる時を待っている
ちっぽけな愛のささやかな力で
悲しみはいつも抱かれるのを待っている


img_0.jpg

1. OVERTURE
2. NEO FASCIO
3. ESCAPE
4. CHARISMA
5. COOL
6. SUMMER GAME
7. RHAPSODY IN RED
8. MISTY
9. CAMOUFLAGE
10. COLLING
11. LOVE SONG
スポンサーサイト

[2016/02/14 09:13] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/155-3c7678d9


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。