スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#137 Nobody Home / Pink Floyd 



Nobody Home / Pink Floyd

後ろではテレビのステレオが流れている。
最初の叫び、「Shut Up! Oi! I've got a little black book with me poems in!」は子供のころの自分と、教師の叫びなのだろうか?錯乱?

だんだんと、歌詞の内容も不明になってくるが、このNobody Homeという意味は、電話を掛けるときに誰もいない、という意味になる。
「Ooooh, Babe when I pick up the phone There's still nobody home.」
このアルバムでのキーワード、「Ooooh,Babe」がここに出てくることも興味深い。

不明といった歌詞だが、Pink Floydに若干触れた内容となっている。
「I got elastic bands keepin my shoes on.」はシド・バレットに触れた内容となっているし、「I've got a grand piano to prop up my mortal remains.」はリック・ライトのことに言及したと言われている。

実は、この歌詞はAnother Brick in the Wall Pt,3に対応していて、
「I've got a silver spoon on a chain.」
「And I've got a strong urge to fly.」
「But I got nowhere to fly to.」
がドラッグに言及していて、

「And that is how I know When I try to get through On the telephone to you There'll be nobody home.」
「Ooooh, Babe when I pick up the phone There's still nobody home.」
が抱いてくれる腕に対応していると思われるのだ。

そういう意味で考えると、この楽曲はThe Wallのエピソードを語ると同時に、Pink Floyd史にも語り掛ける重要な楽曲となってくる。



映画版は、テレビのチャンネルを変えているシーンが多い。
これは、歌詞の「Got thirteen channels of shit on the T.V. to choose from.」に対応している。
また、大人の自分と子供の自分が出会い、子供の自分になるシーンが登場する。
このシーンは、「And I got fading roots.」に繋がり、とうとうAnother Brick in the Wall Pt.1と繋がるようになる。
要は、戦争へと言及されるのだ。
このあたりから、The Wallのストーリーより、Roger Waters本人のストーリーとなってきて、この曲が一番面白いんじゃないのかなぁと思っている。

pink-floyd-the-wall.jpg

I've got a little black book with my poems in
I've got a bag with a toothbrush and a comb in
When I'm a good dog they sometimes throw me a bone in
I got elastic bands keeping my shoes on
Got those swollen hand blues.
Got thirteen channels of shit on the T.V. to choose from
I've got electric light
And I've got second sight
I've got amazing powers of observation
And that is how I know
When I try to get through
On the telephone to you
There'll be nobody home

I've got the obligatory Hendrix perm
And I've got the inevitable pinhole burns
All down the front of my favourite satin shirt
I've got nicotine stains on my fingers
I've got a silver spoon on a chain
I've got a grand piano to prop up my mortal remains
I've got wild staring eyes
I've got a strong urge to fly
But I've got nowhere to fly to
Ooooh Babe when I pick up the phone
There's still nobody home
I've got a pair of Gohills boots
And I've got fading roots.
スポンサーサイト

[2014/01/27 10:44] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/141-da4f356a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。