スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#125 Mother / Pink Floyd 



電話音から、Another Brick in the Wall Pt.2から繋がる。
The Wallは母親の過保護も大いに影響するが、それが直接的に壁となることはない。
ただ、母親は壁を作る手伝いをしていた、というのだ。

この歌詞の解釈が結構重要で…
1.母親にすべての選択肢をゆだねていた
2.母親は父親を亡くした悲しみから、過保護になっていた
3.その過保護も、また壁を築き上げるものとなっていた

そして、Ooooh Baby.という歌詞。
このフレーズも非常によく出てくるため、個人的にはThe Wallを理解するにはこの解釈も必要だと感じている。
Ooooh Baby.はこの時点では母親から主人公を対象としていたBabyなのであった。

ここで映画版の解説もしておこう。

映画版では、Motherは別バージョンで歌われる。
また、主人公が電話をかけるシーンが登場する。ここで、アルバム版の電話音がこの意味合いであったことがわかる。
主人公が女の子の着替えシーンを見るところは、彼自身の性の目覚めを意味する?
同時に、たばこも吸い始めるが、これも大人になることを象徴しているのだろうか。
そのシーンが、母親に邪魔をされるところで、母親の過保護下にあることが晒される。
妻をぞんざいに扱うシーンは、母親の過保護の影響なのだろうか?
主人公がマネージャーと話をするシーンがあるが、そこで彼がロックスターであることを示唆している。
そのうち、妻は彼に愛想をつかして出ていく。そして、よくわからない男と惹かれあうシーンもある。
そして、彼の電話はかからない。最後に妻と男のベッドシーンが。

アルバムの1曲だと、単なる母親の過保護にしか聞こえないが、映画版を見るとこの楽曲はかなりの部分が補強される。
要は、この1曲で母親の顔保護を歌っているのだが、同時に妻をぞんざいに扱い、逃げられたのに気付かず電話をする主人公の姿が描かれているのだ。
主人公はロックスターであり、離れた場所にいる。そして離れた場所にいる主人公が電話をしても妻は電話に出ない。
壁は、実はAnother Brick in the Wallらで歌われている部分以外にも、築き上げているところが非常に多いのだ。

自分自身、この曲はあまり聞かないが、映画版を見ると、裏方の設定が概ねわかり、このアルバムが面白くなる。

295567b.jpg

Mother do you think they'll drop the bomb?
Mother do you think they'll like this song?
Mother do you think they'll try to break my balls?
Mother should I build the wall?
Mother should I run for president?
Mother should I trust the government?
Mother will they put me in the firing line?
Mother am I really dying?

Hush now baby, baby, dont you cry.
Mother's gonna make all your nightmares come true.
Mother's gonna put all her fears into you.
Mother's gonna keep you right here under her wing.
She wont let you fly, but she might let you sing.
Mama will keep baby cozy and warm.
Ooooh baby ooooh baby oooooh baby,
Of course mama'll help to build the wall.

Mother do you think she's good enough -- to me?
Mother do you think she's dangerous -- to me?
Mother will she tear your little boy apart?
Mother will she break my heart?

Hush now baby, baby dont you cry.
Mama's gonna check out all your girlfriends for you.
Mama wont let anyone dirty get through.
Mama's gonna wait up until you get in.
Mama will always find out where you've been.
Mama's gonna keep baby healthy and clean.
Ooooh baby oooh baby oooh baby,
You'll always be baby to me.

Mother, did it need to be so high?
スポンサーサイト

[2013/12/30 17:26] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/129-6c65668a


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。