スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#110 Atomic / Blondie 



1979年に発売された、BlondieのEat to the Beatに収録されています。

Blondieはアメリカのロックバンド。
ボーカルのDeborah Ann Harryがセックスシンボルとして話題になった。

Eat to the BeatはBlondieの4枚目のアルバム。
単なるパンクバンドから、ポップで幅広い音楽性となり支持された。

AtomicはEat to the Beatの9曲目に配置されている。
また、アルバムからシングルカットされている。

特徴的なキラキラサウンドに、囁くようなセリフ、高らかなボーカルが美しい。
歌詞はなかなか過激で面白い。当時としてはどうだったのかな。

どこかで聞いたことがあるサウンドですがぜひ聴いてみてください。

Tonight make it magnificent
Tonight
Make me tonight


eattothebeat.jpg

1. Dreaming
2. The Hardest Part
3. Union City Blue
4. Shayla
5. Eat To The Beat
6. Accidents Never Happen
7. Die Young Stay Pretty
8. Slow Motion
9. Atomic
10. Sound-A-Sleep
11. Victor
12. Living In The Real World
スポンサーサイト

[2013/02/14 06:46] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/112-854cf6ce


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。