スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#103 Home / Dream Theater 



1999年に発売された、Dream TheaterのMetropolis,Pt.2-Scene from a memory-に収録されています。

1999年、Dream TheaterのキーボードにJordan Rudessが加入した。
同年、初のコンセプトアルバムをリリースした。

Metropolis,Pt.2-Scene from a memory-はDream Theaterの5枚目のアルバム。
Metropolis,Pt.1-Miracle and Sleeper-の続編である。
悪夢に悩まされる青年・ニコラスの前世を巡るストーリーをアルバム全体で表現している。

HomeはMetropolis,Pt.2-Scene from a memory-の8曲目に配置されている。
シタールのような音が印象的だが、基本的にへヴィだがスローテンポの楽曲である。

歌詞としては、ヴィクトリアとの恋仲に悩む、ミラクルとスリーパーが描かれる。

Dream Theaterの楽曲の中では、1,2を争うほど好きなのですが他の人はどう思うのでしょうか?
とにかく、かっこいい。

scenesfromamemory.jpg

1. Regression
2. Overture 1928
3. Strange Deja Vu
4. Through My Words
5. Fatal Tragedy
6. Beyond This Life
7. Through Her Eyes
8. Home
9. The Dance Of Eternity
10. One Last Time
11. The Spirit Carries On
12. Finally Free
スポンサーサイト

[2013/02/07 20:02] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://northumbrian.blog.fc2.com/tb.php/105-e61450a6


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。