スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#151 Karn Evil 9 / Emerson,Lake&Palmer 



1973年に発売された、Emerson,Lake&Palmerの『Brain Salad Surgery』に収録されています。
邦題は『恐怖の頭脳改革』。ELPの中でも傑作として挙げられることが多い。

Karn Evil 9(悪の教典#9)は29分以上におよぶ大作。
3楽章に分かれている。

自分としては、ELPはなかなか聴きづらい印象があったけど、この1枚で印象がガラッと変わりました。
なんだか底抜けに明るい演奏が高度なテクニックを打ち消して、高級感なんて排除しているあたりが、さすがプログレ四天王って感じ。

I am all there is
NEGATIVE! PRIMITIVE! LIMITED! I LET YOU LIVE!
But I gave you life
WHAT ELSE COULD YOU DO?
To do what was right
I'M PERFECT! ARE YOU?


51A2HdjhjmL.jpg

1. Jerusalem
2. Toccata
3. Still...You Turn Me On
4. Benny The Bouncer
5. Karn Evil 9
スポンサーサイト

[2016/02/16 19:44] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

L01 ZABADAK春のプログレ祭り 

ZABADAK春のプログレ祭りに行ってまいりました。
昨年とは違い、アレンジ違いがとても多く、よりプログレ気味アレンジが非常に多くて、また風部のみなさんが風を吹かせて春一番がライブハウスに吹きました。大興奮の一日でした。、
詳細は様々な方や私のツイートを引用します。

セットリスト
1.Birthday
2.月と金星
3.今日の夢のこと
4.グスコーブドリの伝記
5.風の巨人
6.ガラスの森
7.POLAND
8.相馬二遍返し
9.雲の言葉
10.樹海 -umi-
11.ここが奈落なら、きみは天使
12.河は広くても ~The Water is Wide ~
13.子午線のマリア
14.僕のビー玉
15.DEIR PAIDER
16.遠い音楽

アンコール1.夢を見る方法
アンコール2.EASY GOING

ZABADAK参戦履歴(Googleスプレッドシート)


続きを読む
[2016/02/15 22:47] ライブ記 | TB(0) | CM(0)

#150 Calling / 氷室京介 



1988年に発売された、氷室京介の『Neo Fascio』に収録されている。

氷室京介はご存知のとおり、BOØWYのボーカル。
1988年よりソロ活動をしている。

『Neo Fascio』は2枚目のソロアルバムで、いわゆるコンセプトアルバム。
カリスマを否定する内容で、BOØWYのイメージで聴くと意外性に驚くだろう。

Callingはアルバムの10曲目に位置している。
アルバムのハイライト的な楽曲で、爽やかなロックサウンドとなっている。

上の動画は、Final FantasyVII Advent Children(映像作品)のエンディングであるが、この曲が起用されいてる。
自分はこれを見てこの曲を知ったのだけど、作者はこの楽曲をイメージしていたらしく、作風ととても合っていると思う。

ふりしぼる声と握りしめるその手で
運命はきっと変わる時を待っている
ちっぽけな愛のささやかな力で
悲しみはいつも抱かれるのを待っている


img_0.jpg

1. OVERTURE
2. NEO FASCIO
3. ESCAPE
4. CHARISMA
5. COOL
6. SUMMER GAME
7. RHAPSODY IN RED
8. MISTY
9. CAMOUFLAGE
10. COLLING
11. LOVE SONG
[2016/02/14 09:13] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#149 Dark Island / Mike Oldfield 



1997年に発売された、Mike Oldfieldの『Voyager』に収録されている。

『Voyager』はMike Oldfieldの原点となる、ケルティックなサウンドでまとまったアルバム。
トラッドなカバーから、ケルティックなオリジナル、はたまた壮大な10分以上の楽曲まである面白みのある作品。
前後に『The Song of Distant Earth』や『Tubular Bells III』などがあるため、目立たないが佳作である。

Dark Islandはトラッドのアレンジで、インストゥルメンタル。
大人しい印象を受けるアルバムの中では、展開もありなかなか聴き応えはあると思う。

トラッドフォーク系が好きなら必聴の1曲です。

Voyager.jpg

1 The Song Of The Sun
2 Celtic Rain
3 The Hero
4 Woman Of Ireland
5 The Voyager
6 She Moves Through The Fair
7 Dark Island
8 Wild Goose Flaps Its Wings
9 Flowers Of The Forest
10 Mont St Michel
[2016/02/13 20:35] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#148 群青 / スピッツ 



2007年に発売された、スピッツの『さざなみCD』に収録されている。

スピッツはロックバンドで、メタル・パンク的な要素を持ちつつも、フォークロックを基礎とした独特な音楽観を展開する。
ヒットソングを多く有し、ロビンソン、チェリー、空も飛べるはずなど、枚挙にいとまがない。

『さざなみCD』は12枚目のアルバム。
オリコンチャート1位、日本レコード協会ではプラチナ認定されている。
CDの名前に「CD」とつける例はあまり聞かないので、面白いネーミングだと思う。

「群青」は爽やかな曲で、スピッツらしい1曲。
バックコーラスにスキマスイッチの大橋卓弥と植村花菜が参加している。

なぜこのアルバムを買ったかというと、仕事で使われていて気になったkら。
たまに聴くとすごい心地よくなる。

こだまするように その名前を叫ぶ ころんで起き上がる愚かな
僕はここにいる すでにもう奇跡 花が咲いているよ


510Xp7L1ujL.jpg

01. 僕のギター
02. 桃
03. 群青
04. Na・de・Na・de ボーイ
05. ルキンフォー
06. 不思議
07. 点と点
08. P
09. 魔法のコトバ
10. トビウオ
11. ネズミの進化
12. 漣
13. 砂漠の花
[2016/02/11 20:08] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#147 ねぐせ/北白川たまこ 



2013年に発売された、北白川たまこの『ねぐせ』のシングルタイトル曲。
アニメ『たまこまーけっと』のエンディングテーマ。

北白川たまこは、アニメ『たまこまーけっと』の主人公
声優は洲崎綾。

『ねぐせ』は山口優の作曲で、チルアウト的な意味も込められたと思われるテクノポップな曲。
アニメはコミカルに展開されるので、その差異に心地よくなることができる。

アニメ自体はキテレツ大百科と並んで日常系では名作だと思うので、ぜひご視聴くださいませ。

tumblr_nvpgrouJw31qi5qt1o1_500.jpg


1.ねぐせ
2.キミの魔法
3.ねぐせ(Instrumental)
4.キミの魔法(Instrumental)
[2016/02/10 19:03] 2010年代 | TB(0) | CM(0)

#146 Starless / King Crimson 



1974年に発売された、King Crimsonの『Red』に収録されている。

『Red』はKing Crimsonの7枚目のアルバム。
King Crimsonでは、第1期の最後に出したアルバムということもあり、プログレッシブロックの終焉を感じさせる1枚。
全体としては重厚かつ哀愁を漂わせる楽曲群が彩る。

Starlessは、アルバムのラストである5曲目に位置する名曲である。
前半は哀愁漂うボーカル、楽曲半ばは即興的な演奏が特徴、後半は畳みかけるように主題が流れ込む。

プログレッシブロックでは間違いなく名作であり、名曲なので、必聴。

日本人では、高嶋政宏のカバーが有名だろう。

Ice blue silver sky
Fades into grey
To a grey hope that all yearns to be
Starless and bible black


Red,_King_Crimson

1. Red(レッド)
2. Fallen Angel(邦題:堕落天使)
3. One More Red Nightmare(邦題:再び赤い悪夢)
4. Providence(邦題:神の導き)
5. Starless(スターレス)
[2016/02/09 20:35] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#145 夏の日の午後 / eastern youth 



1998年に発売された、eastern youthの『旅路ニ季節が燃エ落チル』に収録されている。

eastern youthは3ピースのロックバンドである。
ジャンル的に言えばエモだが、2000年代前半のブーム前に現れた、先駆けである。

『旅路ニ季節ガ燃エ落チル』はeastern youthの6枚目のアルバム。
エモと日本的な叙情が混ざった、ハードながらに聴きやすいサウンドが特徴的なアルバム。

「夏の日の午後」は、そんなアルバムの1曲目。
あまりエモは聞かないけど、この曲は耳を傾けやすい名曲。

ハードなサウンドではあるけど、それ以上の実直さと叙情さがとても不思議な感覚となる。

蝉時雨と午後の光
まだ生きて果てぬこの身なら
罪も悪も我と共に在りて


tabiji.jpg


1.夏の日の午後
2.男子畢生危機一髪
3.泥濘に住む男
4.青すぎる空
5.淡い影
6.徒手空拳
7.何処吹く風
8.足音
9.寄る辺ない旅
10.歌は夜空に消えてゆく
[2016/02/08 20:41] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#144 SWEETEST DAY OF MAY / 金原千恵子 feat.KIMARA LOVELACE  



2008年に発売された、金原千恵子の『SWEETEST DAY~ROMANCE FOR STRINGS』に収録されています。

金原千恵子はヴァイオリニスト。静岡県静岡市出身。
様々なアーティストの作品に参加している。

『SWEETEST DAY~ROMANCE FOR STRINGS』は、NIGT&DAYをテーマにした二部作で、こちらはDAYをテーマにしている。
金原千恵子のストリングスにダンサンブルなサウンドを基調とした楽曲が展開される。

SWEETEST DAY OF MAYはイタリアのJoe T. Vannelli Projectが原曲で、Greedのリミックスが有名なイタリアン・ハウス。
Greedのリミックスはとても有名だけど、KIMARA LOVELACEをフィーチャーした今回紹介するバージョンもきれいに昇華されていると思う。

聴くのもノるのも良いと思うで、ぜひ聴いてみてください。

51AmFltukVL.jpg

1.SWEETEST DAY OF MAY Feat. KIMARA LOVELACE / Produced By YASUSHI IDE
2.ROMANCE FOR STRINGS / Produced By DAISHI DANCE
3.7 DAYS / Produced By TIMMY VEGAS(SOUL CENTRAL)
4.LIVE YOUR LIFE TODAY / Produced By KIKO NAVARRO
5.SPANISH BLUES FEAT.SALSA SWINGOZA / Produced By SALSA SWINGOZA
6.CHANGED MY LIFE / Produced By DJ SPEN
7.FIDDLE MAGIK / Produced By SUGIURUMN
8.SETTING SUN FEAT.ROLAND CLARK / Produced By YASUSHI IDE
9.Mystery Girl FEAT. BYRON STINGILY / Produced By YASUSHI IDE
[2016/02/07 20:06] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#143 労働賛歌 / 筋肉少女帯 



2014年に発売された、筋肉少女帯の『THE SHOW MUST GO ON』に収録されています。

『THE SHOW MUST GO ON』は筋肉少女帯の16枚目のアルバム。
活動再開後としては4枚目。

「労働賛歌」はももいろクローバーZのカバー。作詞は大槻ケンヂで、作曲はThe Go!TeamのIan Parton。
自分は筋少バージョンから入ったので、原曲を聴いたら全然違ってびっくりした。(それはそうだよね。)

こういうスタイルができるのも、アイドルが売れているっていうより、スタイルの多様化が認められてきたってことで好印象。
筋肉少女帯自体も、もともとすごいバンドだけど、底力に勢いがついてきた感じでとても良いです。

511+Ama5C7L.jpg

01. オーディエンス・イズ・ゴッド
02. 労働讃歌
03. ゾロ目
04. 霊媒少女キャリー
05. ムツオさん
06. みんなの歌
07. 月に一度の天使(前編)
08. 愛の讃歌
09. 月に一度の天使(後編)
10. 恋の蜜蜂飛行
11. 吉原炎上
12. 気もそぞろ
13. ニルヴァナ
[2016/02/06 16:11] 2010年代 | TB(0) | CM(0)

#142 Trans-Europe Express / Kraftwerk 



1977年に発売された、Kraftwerkの『Trans-Europe Express』の表題曲です。
邦題にすると「ヨーロッパ特急」、かっこいいですね。

アルバムだと、AbzugとMetal on Metalに繋がっているのですが、これらを合わせてひとつの楽曲と考えて差し支えないでしょう。
途中、列車の音をイメージした金属音が鳴り続き、インダストリアル感があります。

この曲のとらえ方のひとつとして、リズム感があります。
アフリカ・バンバータの「プラネット・ロック」にてサンプリングもされており、サンプリング・ミュージックシーンにも大きい影響を与えています。

それだけこの曲がノリやすいということなのでしょう。
ぜひこの曲を聴いて列車旅行の気分を味わってみてはいかがでしょうか。

53e1e1de.jpg


1. Europe Endless
2. The Hall Of Mirrors
3. Showroom Dummies
4. Trans-Europe Express
5. Metal On Metal

6. Franz Schubert
7. Endless Endless
[2016/02/04 20:35] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#141 蝶 / ZABADAK 



「蝶」は1988年に発売されたZABADAKの「Welcome To Zabadak」に収録されています。
当時はCMに提供する全盛期だったようで、この曲も武田漢方胃腸薬のコマーシャルに使用されています。

「Welcome To Zabadak」はZABADAKの3枚目のオリジナルアルバムで、初のフルアルバムです。
怪しげな雰囲気の漂うアルバムですが、Easy Goingなどの後の定番になる楽曲も収録。

「蝶」はとても幻想的な楽曲で美しく、不思議と魅了されます。2分なので、少し短く感じますがこの潔さが良い感じです。
一度だけZABADAKのライブで聴いたことがありますが、あまりに美しいのでもう1度聴いてみたいです。

光と葉陰を
つないでそよいだ
あの風すべらせ
踊る蝶々の群れ


image.jpg

1 ブランシェ BLANCHE
2 ラ・フェット LA FATE
3 シェラフィータ SERAPHITA
4 美チャンス-妖しい輪舞- LA RONDE (Beautiful Chance -Bewitching Rond -)
5 アンリーズナブルエッグ UNREASONABLE EGG
6 月 LUNA
7 蝶 ZEPHILUS
8 水のルネス WATER GARDEN
9 街角 AVENUE
10 イージー・ゴーイング EASY GOING
11 朝 IN THE EARLY MORNING
12 明日からの風 FAIRLY DREAMS
[2016/02/03 23:42] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#140 戦慄のドナドナ / 聖飢魔II 



戦慄のドナドナは、聖飢魔Ⅱの聖飢魔IIの第十七教典でD.C.1年(1999年)10月21日に発布された「LIVING LEGEND」に収録されている。
最後の大教典である。

聖飢魔IIは、へヴィメタルバンド。「聖なる物に飢えている悪魔がII(ふたた)び蘇る」の略らしい。
デーモン小暮閣下が所属していたり、蝋人形の館のヒットで有名だろう。

僕はLIVING LEGENDしか聴いたことがないが、これがまた素晴らしくかっこいい。
きちんとメタルしていて、とても気持ちいい。いつだかデーモン小暮閣下が様式美について語っていたが、まさしくそのとおりである。

戦慄のドナドナは聴いていて爽快感もあり、よく聴いている1曲だ。
歌詞も若干深め。

生命は互いに 生かされている
生命は互いの 犠牲に在る
生命の尊敬を 侵さば死ね
DEAD END!


61IpMmSDX8L.jpg

1. HEAVY METAL IS DEAD
2. SILENCE OR VIOLENCE
3. GLORIA GLORIA
4. 戦慄のドナドナ
5. 20世紀狂詩曲 (大教典編)
6. THIS WORLD IS HELL
7. LOVE ~DEFENCE OF YOUR COMPLEX~
8. 死の協奏曲
9. FROM HERE TO ETERNITY
10. CENTURY OF THE RAISING ARMS
11. ROCK'N RENAISSANCE
12. REVOLUTION HAS COME
13. GO AHEAD!
[2016/02/02 19:17] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#139 Loop Garden / anNina 



2009年に発売された、anNinaの「まなざし」に収録。

anNinaはAnnabelとbermei.inazawaが結成したユニット。
「ひぐらしのなく頃に」の主題歌である「対象a」のユニットといえばわかる方も多いはず。

個人的には結構好きでよく聴いていたカップリング曲。
こういう、エレクトロニカな女性ボーカルは比較的しっとりした曲が多いですが、こんな感じで激しい曲もたまには良いものです。

61i9z+VyDAL.jpg

1. まなざし
2. loop garden
3. まなざし (instrumental)
4. loop garden (instrumental)
[2016/02/01 18:56] 2000年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。