スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#137 Nobody Home / Pink Floyd 



Nobody Home / Pink Floyd

後ろではテレビのステレオが流れている。
最初の叫び、「Shut Up! Oi! I've got a little black book with me poems in!」は子供のころの自分と、教師の叫びなのだろうか?錯乱?

だんだんと、歌詞の内容も不明になってくるが、このNobody Homeという意味は、電話を掛けるときに誰もいない、という意味になる。
「Ooooh, Babe when I pick up the phone There's still nobody home.」
このアルバムでのキーワード、「Ooooh,Babe」がここに出てくることも興味深い。

不明といった歌詞だが、Pink Floydに若干触れた内容となっている。
「I got elastic bands keepin my shoes on.」はシド・バレットに触れた内容となっているし、「I've got a grand piano to prop up my mortal remains.」はリック・ライトのことに言及したと言われている。

実は、この歌詞はAnother Brick in the Wall Pt,3に対応していて、
「I've got a silver spoon on a chain.」
「And I've got a strong urge to fly.」
「But I got nowhere to fly to.」
がドラッグに言及していて、

「And that is how I know When I try to get through On the telephone to you There'll be nobody home.」
「Ooooh, Babe when I pick up the phone There's still nobody home.」
が抱いてくれる腕に対応していると思われるのだ。

そういう意味で考えると、この楽曲はThe Wallのエピソードを語ると同時に、Pink Floyd史にも語り掛ける重要な楽曲となってくる。



映画版は、テレビのチャンネルを変えているシーンが多い。
これは、歌詞の「Got thirteen channels of shit on the T.V. to choose from.」に対応している。
また、大人の自分と子供の自分が出会い、子供の自分になるシーンが登場する。
このシーンは、「And I got fading roots.」に繋がり、とうとうAnother Brick in the Wall Pt.1と繋がるようになる。
要は、戦争へと言及されるのだ。
このあたりから、The Wallのストーリーより、Roger Waters本人のストーリーとなってきて、この曲が一番面白いんじゃないのかなぁと思っている。

pink-floyd-the-wall.jpg

I've got a little black book with my poems in
I've got a bag with a toothbrush and a comb in
When I'm a good dog they sometimes throw me a bone in
I got elastic bands keeping my shoes on
Got those swollen hand blues.
Got thirteen channels of shit on the T.V. to choose from
I've got electric light
And I've got second sight
I've got amazing powers of observation
And that is how I know
When I try to get through
On the telephone to you
There'll be nobody home

I've got the obligatory Hendrix perm
And I've got the inevitable pinhole burns
All down the front of my favourite satin shirt
I've got nicotine stains on my fingers
I've got a silver spoon on a chain
I've got a grand piano to prop up my mortal remains
I've got wild staring eyes
I've got a strong urge to fly
But I've got nowhere to fly to
Ooooh Babe when I pick up the phone
There's still nobody home
I've got a pair of Gohills boots
And I've got fading roots.
スポンサーサイト

[2014/01/27 10:44] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#136 Is There Anybody Out There? / Pink Floyd 



Is There Anybody Out There? / Pink Floyd

前半は、Is there anybody out there?と呼びかけ、後半はギターのアルペジオが空しく響く曲の展開となっている。
壁ができて、呼びかけても、何の反応もない。

Hey Youと呼びかけても反応がないのを示しているようだ。

映画版の映像では、破壊したものをきれいに並べており、自分の毛を剃り落すシーンに続く。
記憶と見た目をきれいにするという意味なのだろうか?

pink-floyd-the-wall.jpg

Is there anybody out there ?
Is there anybody out there ?
Is there anybody out there ?
Is there anybody out there ?

[2014/01/27 10:28] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#135 Hey You / Pink Floyd 



Hey You / Pink Floyd

Disc2の最初を飾る楽曲。

Disc2の楽曲は、自閉的な世界で語られるもののため、若干歌詞の解読が難しいものがある。
特にHey Youに関しては自分でも最後までよくわからなかった。

たぶん、Hey Youの「You」は自分のことなんだと思われる。
そして、 divided we fallというフレーズは、壁の中にいる自分と、壁の外に出たい自分に分断され、どちらもどうすることもできない、という意味なのだろう。

The Wallの中では一番救いのない歌詞で、つらいときに聴くと、相当つらいものがある。

途中、Another Brick in the Wallのフレーズが出てくる。
これは、壁ががれきの集大成のもの(=今までの蓄積)という意味なのだろうか?
And the worms ate into his brain.というフレーズがそのあとに出てくるが、Another Brick=Wormsなのかも知れない。
自閉的な世界でのがれきが蛆虫となり、主人公の脳髄を食い漁る。

映画版ではカットされているが、今までの積み重ねであることを映像で示しているようだ。


※一方で、がれきを作った原因=Hey Youとも思ったのだけど、そういう側面もあるかも知れない。

pink-floyd-the-wall.jpg

Hey you ! out there in the cold
Getting lonely, getting old, can you feel me
Hey you ! Standing in the aisles
With itchy feet and fading smiles, can you feel me
Hey you ! don't help them to bury the light
Don't give in without a fight.
Hey you ! out there on your own
sitting naked by the phone would you touch me
Hey you ! with your ear against the wall
Waiting for someone to call out would you touch me
Hey you ! would you help me to carry the stone

Open your heart, I'm coming home
But it was only a fantasy
The wall was too high as you can see
No matter how he tried he could not break free
And the worms ate into his brain.
Hey you ! out there on the road
Always doing what you're told, can you help me
Hey you ! out there beyond the wall
Breaking bottles in the hall, can you help me
Hey you ! don't tell me there's no hope at all
Together we stand, divided we fall.

[2014/01/19 10:15] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#134 Goodbye Cruel World / Pink Floyd 



Goodbye Cruel World / Pink Floyd

Disc1の最後を飾る楽曲。
Another Brick in the Wall Pt.3より繋がり、壁が完成する。

「さようなら、残酷な世界」と称する通り、
この楽曲で外との世界が、彼の中で断絶する。

その道のりは遠いようで近い。
戦争で父親を亡くしていること、
徹底した管理教育で失望していること、
母親、妻、そして逃げた女という、最後にすがるべきところで何もできないこと、
すべてが重なり彼の壁は完成する。

pink-floyd-the-wall.jpg

Goodbye cruel world
I'm leaving you today
Goodbye
Goodbye
Goodbye
Goodbye all you people

There's nothing you can say
To make me change
My mind
Goodbye.

[2014/01/19 09:58] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#133 The Last Few Bricks / Pink Floyd 



The Last Few Bricks / Pink Floyd

ライブのみ、Another Brick in the Wall Pt.3から繋がる。
これまでのフレーズが浮かび上がる楽曲となっている。

同時に、ライブ中に壁を組み立てる作業も行われる。
歌詞はない。

PNG.png
[2014/01/12 20:57] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#132 Another Brick in the Wall Pt.3 / Pink Floyd 



Another Brick in the Wall Pt.3 / Pink Floyd

Another Brick in the Wallの第3弾で、Disc1の集大成ともいえる出来となっている。
歌詞としては、壁が完成するものためのもの、といってよい。

すべては瓦礫だった

・抱いてくれる腕はいらない
・鎮めてくれるドラッグもいらない
・壁の文字を見たんだ
・僕には何も必要ないのだ
・すべては瓦礫だった
・すべては瓦礫に過ぎなかったのだ

Motherから続く、女性とロックの話は、この曲になる伏線だったのだ。

映画版では、それまでの映像をまとめたものと、ウジ虫が出てくる。

pink-floyd-the-wall.jpg



I don't need no arms around me
I don't need no drugs to calm me
I have seen the writing on the wall
Don't think I need anything at all

No don't think I'll need anything at all
All in all it was all just bricks in the wall
All in all you were just bricks in the wall

[2014/01/12 20:46] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#131 Don't Leave Me Now / Pink Floyd 



Don't Leave Me Now / Pink Floyd

One of My Turnsから続く楽曲。
歌詞は、逃げていく女性に対して離れないで欲しいと懇願する楽曲。
しかし、One of My Turnsで暴れておきながら、そんな都合のいい話もなく、主人公は逃げていく女性の背中を見ながらこの曲を歌うしかないのである。
この時点では、たぶん本人もどうすればいいのかさっぱりだったんでしょうね。

母親=妻=逃げた女と考えると、実は離れていったのではなく、自ら作った壁によって隔離された、と考えるほうが自然なのかも知れませんね。
この曲には、Ooooh,Babe.というフレーズが登場します。Mother以来ですね。
そこからも、母親=妻=逃げた女と解釈することが可能なんじゃないかと考えています。




映画版では、冒頭に出てきた水に浮かんでいるシーンが出てくる。
後半には妻の化け物に襲われるシーンも。罪悪感?

pink-floyd-the-wall.jpg

Ooooh Babe
Don't leave me now
Don't say it's the end of the road
Remember the flowers I sent
I need you Babe
To put through the shredder
In front of my friends
Ooooh Babe
Don't leave me now
How could you go?

When you know how I need You
To beat to a pulp on a Saturday night
Ooooh Babe
Don't leave me now
How can you treat me this way
Running away
Ooooh Babe
Why are you running away?
Ooooh Babe!

[2014/01/05 20:34] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#130 One of My Turns / Pink Floyd 



One of My Turns / Pink Floyd

Young Lustより繋がる楽曲。
前半と後半で曲調が大きく異なる。

前半は、自分の壁が築き上げられる感覚を、乾きやきつさなどの表現を用いている。¥
後半は、暴れ、自分から女性が逃げていく様を表現している。
自らの欲求に相反する行動を起こしてしまうこの曲は、彼の壁を如実に表現していると言っていいだろう。

そして、彼の気分は映画版で直接的に表現されている。

pink-floyd-the-wall.jpg



Day after day, love turns grey
Like the skin of a dying man
Night after night, we pretend it's all right
But I have grown older and
You have grown colder and
Nothing is very much fun any more.

And I can feel one of my turns coming on.
I feel cold as razor blade
Tight as a tourniquet
Dry as a funeral drum,
Run to the bedroom, in the suitcase on the left
You'll find my favorite axe

Don't look so frightened
This is just a passing phase
Just one of my bad days
Would you like to watch T. V.?
Or get between the sheets?
Or contemplate the silent freeway?
Would you like something to eat?
Would you like to learn to fly?
Would you like to see me try?
Would you like call the cops?
Do you think it's time I stopped?
Why are you running away?

[2014/01/04 15:35] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#129 Young Lust / Pink Floyd 



Young Lust / Pink Floyd

Empty Spacesの次の曲。
空っぽの空間を作る手段として、壁を作る手段として見ると面白いかも知れない。

主人公は新しい街にきたが、まず女性と寝たい、というようになった。
同時に、曲の最後には電話音と切られる音が続く。
女性=妻=母親に対する、男の願望がここに映し出される。
同時に、母親という逆らえない存在、妻といういて欲しかった存在に対しての、雪辱を晴らすためのセックスかも知れない。



映画版では、女性たちが出てきて、踊り楽しむ姿が映し出される。
その中で主人公は一人の女性を捕まえる。

曲としては、ギルモアが中心となって作っており、とても面白いロックサウンドになっている。

pink-floyd-the-wall.jpg

I am just a new boy,
Stranger in this town.
Where are all the good times?
Who's gonna show this stranger around?
Oooh, I need a dirty woman.
Oooh, I need a dirty girl.

Will some cold woman in this desert land
Make me feel like a real man?
Take this rock and roll refugee
Oooh, baby set me free.
Oooh, I need a dirty woman.
Oooh, I need a dirty girl.

[2014/01/04 15:23] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#128 What Shall We Do Now? / Pink Floyd 



What Shall We Do Now? / Pink Floyd

前の曲、Empty Spacesから繋がるはずだった楽曲。
どうやら、収録時間の関係でカットされたらしい。

映画版では、ひとつづきのアニメーションとなっている。
また、ライブでもひとつづきで繋がる。

歌詞としては、何をすべきか?様々な問いをするが答えが出ない様を描いている。
この楽曲があるからこそ、次のYoung Lust以降に繋がる感じもする。
一方、この楽曲の存在で、戦争のことより主人公のストーリーが重視され、戦争のことは記憶の起伏と解釈することもできるような気がする。

pink-floyd-the-wall.jpg

What shall we use to fill the empty spaces
Where waves of hunger roar?
Shall we set out across the sea of faces
In search of more and more applause?
Shall we buy a new guitar?
Shall we drive a more powerful car?
Shall we work straight through the night?
Shall we get into fights?
Leave the lights on?
Drop bombs?
Do tours of the east?
contract diseases?
Bury bones?
Break up homes?
Send flowers by phone?
Take to drink?
Go to shrinks?
Give up meat?
Rarely sleep?
Keep people as pets?
Train dogs?
Race rats?
Fill the attic with cash?
Bury treasure?
Store up leisure?
But never relax at all
With our backs to the wall.

[2014/01/02 13:27] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#127 Empty Spaces / Pink Floyd 



Empty Spaces / Pink Floyd

Goodbye Blue Skyから繋がる楽曲。
アルバムだと、次の曲はYoung Lustに繋がる。

空っぽの空間という曲名からわかる通り、この曲は虚無感を示している。
Goodbye Blue Skyの自分の解釈通りに行くならば、
ひとつは戦争後の空っぽの空間。
もうひとつは妻に電話が繋がらない虚無感。

この二つの意味合いになると思われる。

映画版、ライブ版では、この後、What Shall We Do Now?につながり、この曲によって次の曲への導入となる。
アルバム版でも、無理なく繋がるがこの曲に繋がることにより主人公の苦悩がわかる。

pink-floyd-the-wall.jpg

What shall we use to fill the empty spaces
Where we used to talk
How shall I fill the final places
How should I complete the wall

[2014/01/02 13:17] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#126 Goobye Blue Sky 



Goodbye Blue Sky / Pink Floyd

アルバムだと、Motherの次曲に配置されている。
歌詞は、戦争の皮肉さをうたったものとなっている。

個人的にはアルバム版だと、青い空=平和=母親、防空壕=自分=壁だと思っていて、
爆弾=死=母親の過保護だと解釈すると、
Goodbye Blue Skyは戦争によって父親を亡くしたことと、
母親の過保護によって壁を創り出す主人公の気持ちを代弁した楽曲だと思っている。

一方で映画版は、Another Brick in the Wall Pt.1の後に配置されており、
母親の過保護という側面はほぼなく、戦争の側面のみと解釈することができる。
どちらが正しいかわからないが、Motherで映画版だと描き切っていると思うと、
こういう描き方もありなのかなと思っている。実際、数局はカットされているわけだし。

ちなみに、The Wallのストーリーを複雑にしているのは、アルバムと映画で構成が異なり、
両者を見たうえで解釈を行わないと混乱してしまうからだと思われる。

歴史的、音楽的側面の解釈もありかなと思うけど、そんなに教養がない。(笑)

pink-floyd-the-wall.jpg

Oooooooo ooo ooo ooo ooooh
Oooooooo ooo ooo ooo ooooh
Oooooooo ooo ooo ooo ooooh

Did-did-did-did-you see the frightened ones?
Did-did-did-did-you hear the falling bombs?
Did-did-did-did-you ever wonder why we had to run for shelter
When the promise of a brave new world
Unfurled beneath a clear blue sky?

Oooooooo ooo ooo ooo ooooh
Oooooooo ooo ooo ooo ooooh

Did-did-did-did-you see the frightened ones?
Did-did-did-did-you hear the falling bombs?
The flames are all long gone, but the pain lingers on.

Goodbye, blue sky
Goodbye, blue sky.
Goodbye.
Goodbye.

[2014/01/01 11:50] 1970年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。