スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#125 Mother / Pink Floyd 



電話音から、Another Brick in the Wall Pt.2から繋がる。
The Wallは母親の過保護も大いに影響するが、それが直接的に壁となることはない。
ただ、母親は壁を作る手伝いをしていた、というのだ。

この歌詞の解釈が結構重要で…
1.母親にすべての選択肢をゆだねていた
2.母親は父親を亡くした悲しみから、過保護になっていた
3.その過保護も、また壁を築き上げるものとなっていた

そして、Ooooh Baby.という歌詞。
このフレーズも非常によく出てくるため、個人的にはThe Wallを理解するにはこの解釈も必要だと感じている。
Ooooh Baby.はこの時点では母親から主人公を対象としていたBabyなのであった。

ここで映画版の解説もしておこう。

映画版では、Motherは別バージョンで歌われる。
また、主人公が電話をかけるシーンが登場する。ここで、アルバム版の電話音がこの意味合いであったことがわかる。
主人公が女の子の着替えシーンを見るところは、彼自身の性の目覚めを意味する?
同時に、たばこも吸い始めるが、これも大人になることを象徴しているのだろうか。
そのシーンが、母親に邪魔をされるところで、母親の過保護下にあることが晒される。
妻をぞんざいに扱うシーンは、母親の過保護の影響なのだろうか?
主人公がマネージャーと話をするシーンがあるが、そこで彼がロックスターであることを示唆している。
そのうち、妻は彼に愛想をつかして出ていく。そして、よくわからない男と惹かれあうシーンもある。
そして、彼の電話はかからない。最後に妻と男のベッドシーンが。

アルバムの1曲だと、単なる母親の過保護にしか聞こえないが、映画版を見るとこの楽曲はかなりの部分が補強される。
要は、この1曲で母親の顔保護を歌っているのだが、同時に妻をぞんざいに扱い、逃げられたのに気付かず電話をする主人公の姿が描かれているのだ。
主人公はロックスターであり、離れた場所にいる。そして離れた場所にいる主人公が電話をしても妻は電話に出ない。
壁は、実はAnother Brick in the Wallらで歌われている部分以外にも、築き上げているところが非常に多いのだ。

自分自身、この曲はあまり聞かないが、映画版を見ると、裏方の設定が概ねわかり、このアルバムが面白くなる。

295567b.jpg

Mother do you think they'll drop the bomb?
Mother do you think they'll like this song?
Mother do you think they'll try to break my balls?
Mother should I build the wall?
Mother should I run for president?
Mother should I trust the government?
Mother will they put me in the firing line?
Mother am I really dying?

Hush now baby, baby, dont you cry.
Mother's gonna make all your nightmares come true.
Mother's gonna put all her fears into you.
Mother's gonna keep you right here under her wing.
She wont let you fly, but she might let you sing.
Mama will keep baby cozy and warm.
Ooooh baby ooooh baby oooooh baby,
Of course mama'll help to build the wall.

Mother do you think she's good enough -- to me?
Mother do you think she's dangerous -- to me?
Mother will she tear your little boy apart?
Mother will she break my heart?

Hush now baby, baby dont you cry.
Mama's gonna check out all your girlfriends for you.
Mama wont let anyone dirty get through.
Mama's gonna wait up until you get in.
Mama will always find out where you've been.
Mama's gonna keep baby healthy and clean.
Ooooh baby oooh baby oooh baby,
You'll always be baby to me.

Mother, did it need to be so high?
スポンサーサイト

[2013/12/30 17:26] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#124 Another Brick in the Wall Pt.2 / Pink Floyd 



Another Brick in the Wall Pt.2

The Happiest Days of Our Livesから繋がる楽曲。
また、The Wallではリード曲となる。大ヒットシングル。
アルバムではメインテーマ的な扱いとなる。

以前も一度記事にしたことがある。

歌詞は、教育はいらない、生徒を放っておけ、がれきのうちに過ぎなかった、といった内容。

映画版では、前曲から繋がるかたちで、機械的に動く子どもたちと、それに逆らい破壊的な行動を行う子どもたちが現れる。

父親がいなかったこと、悪質な教育体制から主人公の壁が少しずつ出来上がってくる。

pink-floyd-the-wall.jpg

We don't need no education
We don't need no thought control
No dark sarcasm in the classroom
Teachers leave them kids alone
Hey! Teachers! Leave them kids alone!
All in all it's just another brick in the wall.
All in all you're just another brick in the wall.

We don't need no education
We don't need no thought control
No dark sarcasm in the classroom
Teachers leave them kids alone
Hey! Teachers! Leave them kids alone!
All in all it's just another brick in the wall.
All in all you're just another brick in the wall.

"Wrong, Do it again!"
"If you don't eat yer meat, you can't have any pudding. How can you
have any pudding if you don't eat yer meat?"
"You! Yes, you behind the bikesheds, stand still laddy!"

[2013/12/30 17:06] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#123 The Happiest Days of Our Lives / Pink Floyd 



The Happiest Days of Our Lives / Pink Floyd

ヘリコプターのサウンドから始まるこの楽曲は、前曲Another Brick in the Wall Pt.1から繋がる。
また、Another Brick in the Wall Pt.2のイントロダクション的な意味合いも強い。

前曲はいない父親を歌い、ヘリコプターのサウンドは戦争の意味合いを含める。
歌詞は、傷つけようとする教師、その教師は妻からいたぶられている、の二つからなる。

映画版では、主人公が線路に爆薬を仕掛けるところから始まり、皮肉めいた教師が現れ、主人公が書いた詩を勝手に朗読する。
その後、妻にいたぶられる教師が描かれる。

Another Brick in the Wall Pt.2よりこっちのほうが歌詞が長いが、意味を強めるという観点からみると、すさまじく強化される印象を受ける。

pink-floyd-the-wall.jpg

When we grew up and went to school
There were certain teachers who would
Hurt the children in any way they could

By pouring their derision
Upon anything we did
And exposing every weakness
However carefully hidden by the kids
But in the town, it was well known
When they got home at night, their fat and
Psychopathic wives would thrash them
Within inches of their lives.

[2013/12/30 16:49] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#122 Another Brick in the Wall part.1 / Pink Floyd 



Another Brick in the Wall part.1 / Pink floyd

The Wallの3曲目。
When the tigers broke freeと繋がる内容。
そして、タイトル通り壁となる内容である。

父親の戦争による死とわかるのは、When the tigers broke freeが流れる映画版である。
そのため、上記ムービーは映画版。
ちなみに、映画版は他の父親と遊んでもらおうとする主人公の姿が目に痛い。

この曲はThe Wallのタイトルが付してある通り、The Wallのメインフレーズが登場する。
歌詞、音とともにThe Wallを築き上げる壁となる。

pink-floyd-the-wall.jpg


Daddy's gone across the ocean,
Leaving just a memory,
A snapshot in the family album.
Daddy, what else did you leave for me?
Daddy, whatcha leave behind for me?
All in all it was just a brick in the wall.
All in all it was just the bricks in the wall.

[2013/12/27 17:46] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#121 The Thin Ice / Pink Floyd 



The thin ice / pink floyd

The Wallの2曲目。

赤ちゃんの泣き声から始まる。
生まれたての赤ちゃんに対しての喜びの言葉と、冷たい言葉が混ぜ合わさった独特な歌詞が突き刺さる。

映画版だと、亡くなった兵士たちが映し出される。
同時に、大人になった主人公が、おぼれゆく様も。

きれいなサウンドが、物語の始まりを示唆するようで面白い。
この曲の次はAnother Brick in the wallへと繋がる。



pink-floyd-the-wall.jpg

Momma loves her baby,
And Daddy loves you, too.
And the sea may look warm to ya, Babe,
And the sky may look blue.

Ooooooh Babe.
Ooooooooh Baby Blue.
Ooooooooh Babe.

If you should go skating,
On the thin ice of modern life,
Dragging behind you the silent reproach,
Of a million tear-stained eyes,
Don't be surprised when a crack in the ice,
Appears under your feet.
You slip out of your depth and out of your mind,
With your fear flowing out from behind,
You as you claw the ice


[2013/12/26 20:32] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#120 In The Flesh? / Pink Floyd 



In the flesh? / pink floyd

The Wall Disc 1の1曲目。
アルバムだと、Outside the wallが冒頭に流れ、その後、In the flesh?に突入する。

In the flesh?とは肉のうちに、という意味合いで、主人公がまだ生身であることを証明している。
ラストに爆撃音がするが、このサウンドによって父親の死を意味する。
赤ちゃんの泣き声も聞こえてくる。

冒頭を飾るのには、とても印象的な楽曲。
この楽曲は、次の曲であるThe Thin Iceと、後半に現れるIn The Fleshへつながる。

映画版だと、When the tigers broke freeの前半からつながる。
また、すべての物語をリンクする映像が流れてくる。


So you thought you might like to, go to the show.
To feel the warm thrill of confusion, that space cadet glow.
Tell me is something eluding you, Sunshine?
Is this not what you expected to see?
If you wanna find out what's behind these cold eyes,
You'll just have to blow your way through this disguise


pink-floyd-the-wall.jpg

[2013/12/25 20:02] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#119 When The Tigers Broke Free / Pink Floyd 



When the tigers broke free / pink floyd

1982年にシングルリリース。
Pink Floyd The Wall(映画版ザ・ウォール)の冒頭と一部に、二部で流れる。
その後、Echoes(ベスト盤)に収録され、The Final CutのCD版に収録される。

歌詞はもっぱら、Roger Watersの私的なもの。
tigersは、ドイツ軍の戦車のことと言われる。
また、歌詞はアンツィオの地にて亡くなったFletcher Watersについて歌われる。
少年時代、Rogerは父の死に触れた巻物を読んだ。
国王のゴム印が押されたものを。
そして、tigersが解き放たれたことにより、パパが死んだことを歌うのであった。

実際、父の死に直接触れたものがこの楽曲である。
同時に、アンツィオ作戦について歌われたもの。
The Wallの楽曲はほぼすべてがダブルミーニングで構成されていると言ってよい。
この作戦について詳しく知りたい方は以下のリンクを。

http://triad-com.jp/progre/wall/tiger.htm

アレンジとしては、大胆な静かな始まりから、終わりにかけて盛り上がってくるオーケストレーション。

元々、映画版で使用されていた楽曲のため、映画版の雰囲気を感じ取るとよいのかも知れない。



この楽曲は、The WallがRoger Watersの心情を吐露したものだと、一番わかりやすい形で示唆してくれる。

295567b.jpg

It was just before dawn
One miserable morning in black 'forty four.
When the forward commander
Was told to sit tight
When he asked that his men be withdrawn.
And the Generals gave thanks
As the other ranks held back
The enemy tanks for a while.
And the Anzio bridgehead
Was held for the price
Of a few hundred ordinary lives.

And kind old King George
Sent Mother a note
When he heard that father was gone.
It was, I recall,
In the form of a scroll,
With gold leaf adorned,
And I found it one day
In a drawer of old photographs, hidden away.
And my eyes still grow damp to remember
His Majesty signed
With his own rubber stamp.

It was dark all around.
There was frost in the ground
When the tigers broke free.
And no one survived
From the Royal Fusiliers Company C.
They were all left behind,
Most of them dead,
The rest of them dying.
And that's how the High Command
Took my daddy from me.


[2013/12/24 19:56] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#118 We'll Meet Again / Vera Lynn 

長らくブログの更新が滞っておりましたが、更新を再開します。
私が長らく聞き込んできた、Pink FloydのThe Wallについてしばらく記事を書こうと思います。
また、後々に加筆修正も行っていきたいので、ご覧になる方は気長にお付き合いください。



詳細は下記のブログにありまして…
http://www.magictrain.biz/wp/?p=9611

この楽曲は、Pink FloydのThe Wallのデモ版の1曲目に存在するのです。
映画だと、また別の曲、The Little Boy That Santa Claus Forgotになりますが…
この曲は、The Wallと深い関係にありますので、載せてみました。

とても流行した歌のようですね。
この歌と結びつくのは戦争のほかありません。

Vera Lynnはイギリスの女性・歌手。
第二次世界大戦時に、慰問コンサートを行い、称賛されました。

この歌は、『博士の異常な愛情』(1964)にも使用されています。
私自身は見たことがありませんが、かなり皮肉めいた使い方をされているようです。

とても素敵な歌詞ですが…。
戦争という辛く苦しい時代の歌を、The Wallでは別の観点から、きつく、つらく歌い上げられているのです。

The WallはPink Floydの名作であるとともに、人が目をそらしてはならないもの、をRoger Watersの個人的な視点から苦しみとともに歌い上げているのです。
だからこそ、大ヒットしたのでしょう。

これからしばらくは、The Wallにまつわる楽曲を取り上げていきます。

We’ll meet again,
Don’t know where,don’t know when.
But I know we’ll meet again, some sunny day.

Keep smiling through ,
Just like you always do,
Till the blue skies chase those dark clouds, far away.

So I will just say hello,
To the folks that you know,
Tell them you won’t be long,
They’ll be happy to know that as I saw you go
You were singing this song

We’ll meet again,
Don’t know where,don’t know when.
But I know we’ll meet again, some sunny day.


pink-floyd-the-wall.jpg

[2013/12/23 22:13] 1940年代 | TB(0) | CM(0)

今年聴いたアルバム 

2013年に発売されたものを中心に。

Mike Oldfield / Tubular Beats
16605.jpg
Mike Oldfieldのリミックス集。
Never Too Farという新曲がすばらしい。


Zabadak / いのちの記憶
news_large_zabadak_HARV-0016B.jpg
Zabadakがみんなのうたのために書き下ろした楽曲。
改めてZabadakの偉大さを思い知らされる歌であった。

Zabadak / 夏秋冬春 Лето јесен зима пролеће
0187_20130512_notice_jacket.jpg
Zabadakの久々のプログレアルバム。
ほぼインストゥルメンタルで、クオリティは半端なく高い。
各季節の情緒感を出しながら、世界観に引き込んでくれる様はさすがです。

動画サイトに挙がっていないので、楽曲のすばらしさを紹介できないのは残念ですが、今年のZabadakの2枚はすばらしいですね。

[2013/12/23 21:37] 音楽 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。