スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#96 Howling / 天野月子 



2008年に発売された、天野月子のZEROに収録されています。

天野月子は2007年にシングル「Howling」を発売。
2008年にはフルアルバム「ZERO」を発表し、同年に天野月子としての活動を終了した。

ZEROは、天野月子の5枚目のアルバム。
今までとは違い、アメリカナイズされたようなポップな楽曲が多い。

HowlingはZEROの4曲目に配置されている。
また、インディーズ4枚目のシングル「Howling」の表題曲でもある。

天野月子らしい、ミディアムなバラードである。
なかなか泣きのメロディーがかっこよく、天野月子の終焉を飾るには良い1曲だと思う。

歌詞は、友人との共鳴を歌っているものと思われる。
タイトル通り、吠えていくための、楽曲のような気がする。
天野月子のバラードの中では、かなり好きなほうなのでぜひ聴いてみてください。

会わなけりゃ捨てずにいられた宝物もあった
たくさんを空っぽにするほど 叶えてこれたのかな

こぼれ落ちた光の粒はこの手で拾い上げて
ずっと先まで 朽ちゆく先まで ちゃんと飾っていてあげる
Howling 上手く騙せない日はあたしと吠えていこう
君の失くした未来を組み立てるよ ひとりでも


zero.jpg

1. ZERO
2. SPY
3. Primal Scream
4. Howling
5. HANDS
6. 糸電話
7. HEAVEN’S GATE
8. KITCHEN
9. Polar Bear
10. Hello
11. Jam Tomorrow
スポンサーサイト

[2013/01/31 19:47] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#95 アオイロ缶詰 / 志方あきこ 



2009年に発売された、志方あきこのHarmoniaに収録されています。

志方あきこは2009年、フルアルバムを発売した。
ここ最近では最後のフルアルバムとなる。

Harmoniaは志方あきこの3枚目のアルバム。
公式サイトも存在する、4つのエレメントを軸にしたコンセプチュアルなアルバム。

アオイロ缶詰は、Harmoniaの11曲目に配置されている。
アルバム内では、水のエレメントに配置がなされ、歌詞は無償の愛をテーマにしている。

作詞・作曲ともに志方あきこ
純粋にきれいな楽曲で、疲れているときに聴くと癒されます。
ぜひ聴いてみてください。

胸の奥 染めてく
ブルーな気持ちだって
いつかは澄み渡る
青空に還って行くよ

泣かないでね 泣かないでね
世界を彩る 素敵なものをあげる
ずっと一緒に 君と信じあえるなら
僕はいつだって がんばれるんだ


harmonia.jpg

1. 調和~風来の調べ~
2. 遥かなる旅路
3. 軌跡
4. 風と羅針盤
5. 調和~焔の共鳴~
6. 埋火
7. レプリカーレ
8. うみねこのなく頃に~煉獄~
9. 調和~泡沫の子守唄~
10. 久遠の海
11. アオイロ缶詰
12. 追想花
13. 調和~大地の讃歌~
14. 謳う丘~Salavec rhaplanca.~
15. Amnesia
16. 調和~Harmonia~
17. Harmonia~見果てぬ地へ~

[2013/01/30 20:46] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#94 Champion Sounds / Fatboy Slim 



2006年に発売された、Fatboy SlimのGreatest Hits - Why Try Harderに収録されています。

Fatboy SlimはNorman Cookの名義も持つDJ。
ビッグビートのジャンルにおいて名を博している。

Greatest Hits - Why Try HarderはFatboy Slimのベスト盤。
人気曲および新曲が収録されている。

Champion SoundsはGreatest Hits - Why Try Harderの17曲目に配置されている。
Fatboy Slimの意外な一面を醸し出す、ラップサウンドが特徴。

当時、Fatboy Slimがインタビューにおいてこの楽曲を予告編と言っている。
これからの彼に要注目。

Anybody lost looking to get found
Know it when they hear the champion sound
Works like a magnet on the people all around
Know it when they hear the champion sound


whytryharder.png

1. Rockafeller Skank
2. Praise You
3. Brimful of Asha - Cornershop (Norman Cook remix)
4. Weapon of Choice
5. Gangster Trippin'
6. I See You Baby - Groove Armada (Fatboy Slim Remix)
7. Wonderful Night
8. Right Here, Right Now
9. Going Out Of My Head
10. Sunset (Bird of Prey)
11. Everybody Loves a Carnival
12. Don't Let The Man Get You Down
13. Demons
14. Sho Nuff
15. Slash Dot Dash
16. Santa Cruz
17. Champion Sound
18. That Old Pair of Jeans

[2013/01/29 20:45] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#93 LOTUS / DIR EN GREY 



2011年に発売された、DIR EN GREYのDUM SPIRO SPEROに収録されています。

DIR EN GREYは2011年にシングルLOTUSをリリースしたのち、シングルDIFFRENT SENSEをリリース。
またファンクラブ限定ツアーなどを行っていた。

DUM SPIRO SPEROはDIR EN GREYの8枚目のアルバム。
激しさが増した楽曲が多く収録されている。しかし、展開にこだわった長い楽曲もあり、全編充実した演奏が楽しめる。

LOTUSはDUM SPIRO SPEROの8曲目に配置されている。
また、24枚目のシングルでもある。作詞は京、原曲はDie、作曲はDIR EN GREY。

ミディアムなロックバラード。珍しくハモりが主張されており、気持ちよく聴くことが可能。
歌詞はたぶん刺青を歌ったものだと思われる。

DIR EN GREYの進化を感じられる楽曲で、ヴィジュアル系だったことで侮ることはなく、ぜひ聴いてみてほしいです。

記憶からまだ涙を消せない
この闇の音も
きっとそれはもう癒えない
何処かで知りながら

記憶からまた涙を落とし
周りを見渡す
きっとそこにはもう誰の
為でもない今が…独り


dumprirospero.jpg

1. 狂骨の鳴り
2. THE BLOSSOMING BEELZEBUB
3. DIFFERENT SENSE
4. AMON
5. 「欲巣にDREAMBOX」 あるいは成熟の理念と冷たい雨
6. 獣慾
7. 滴る朦朧
8. LOTUS
9. DIABOLOS
10. 暁
11. DECAYED CROW
12. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
13. VANITAS
14. 流転の塔
[2013/01/28 09:23] 2010年代 | TB(0) | CM(0)

#92 cobalt(スペシアルr) / Des-ROW 



2004年に発売された、Des-ROWのD,に収録されています。

Des-ROWは右寺修の音楽名義で、主にミクスチャーサウンドをこの名義で作曲している。
KONAMIの社員であり、BEMANIシリーズに広く関わる。

D,はDes-ROWの1stアルバム。
1曲の新曲を除き、BEMANIシリーズに提供した楽曲のリメイクがほとんどを占める。

cobaktはD,の3曲目に配置されている。
楽曲自体は青春パンク系と言っていいだろう。

pop'n music 9が初出であり、そのメロディのわかりやすさから人気を博していた。
なかなかかっこいいので、ぜひ聴いてみてください。

今ならその手をこっそりひらいて
隠してたものを解き放てるだろう
心に宿したひそかな想いと
その目に宿した確かな光を


d.jpg

1. 大見解コア
2. 男々道(悠激)
3. cobalt(スペシアルr)
4. PURE
5. Too late Two
6. カゲロウ(long ver)
7. lime-light-iris
8. Funky sonic WorlD+
9. 夢有(89)
10. THE PLACE TO BE(long)
11. VOIDDDD
12. INNOVATIONS
13. 夜間行(super heavy YUMIX)
14. ULTRA-BUTTERFLY(坤剛力)
15. a-no-ther/day
[2013/01/27 16:18] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#91 Follow Me / Muse 



2012年に発売された、MuseのThe 2nd Lawに収録されています。

Museはイギリスのロックバンド。
いわゆるオルタナ系だが、楽曲やアルバムの作り方から、エピックロックやネオプログレともいわれる音楽性を有する。

The 2nd LawはMuseの6枚目のアルバム。
彼らの音楽性の多様さを感じられる、楽しいアルバムである。

Follow MeはThe 2nd Lawの6曲目に配置されている。
比較的ポップで聴きやすいロックサウンド。

上記PVを見てわかる通りだが、鉄拳のパラパラマンガがオフィシャルのPVに使用されている。
Museのサウンドと相まって、とても感動的な作品に仕上がっているのでぜひ見てください。

Follow me
You can follow me
I will keep you safe
Follow me
You can follow me
I will protect you


2ndlaw.jpg

1.Supremacy
2.Madness
3.Panic Station
4.Prelude
5.Survival
6.Follow Me
7.Animals
8.Explorers
9.Big Freeze
10.Save Me
11.Liquid State
12.The 2nd Law:Unsustainable
13.The 2nd Law:Isolated System
[2013/01/26 10:17] 2010年代 | TB(0) | CM(0)

#90 Dancing Mad / The Black Mages 



2003年に発売された、The Black MagesのThe Black Magesに収録されています。

The Black Magesは2003年に結成とデビューを同時に果たした。。
主にFINAL FANTASYシリーズの戦闘曲をメタルアレンジしている。

The Black MagesはThe Black Magesのメジャーデビューアルバム。
今作のドラムは打ち込みであるが、良質なアレンジが多かった。

Dancing MadはThe Black Magesの9曲目に配置されている。
FINAL FANTASY VIの妖星乱舞のアレンジである。原曲は17分程度だったが今作は12分4秒となっている。

本曲は第1楽章から第4楽章までで構成されている。
FINAL FANTASY VIの楽曲をアレンジして大曲に仕上げられている。

特に聴きごたえがあるのが、第4楽章のギターソロ。泣きのメロディには、泣かされるに違いない。
ゲーム音楽となめることのできない楽曲となっているので、一聴してみましょう。

TheBlackMages.jpg

1. 「Final Fantasy1」~Battle Scene
2. 「Final Fantasy5」~Clash on the Big Bridge
3. 「Final Fantasy8」~Force Your Way
4. 「Final Fantasy2」~Battle,Scene 2
5. 「Final Fantasy6」~The Decisive Battle
6. 「Final Fantasy6」~Battle Theme
7. 「Final Fantasy7」~J-E-N-O-V-A
8. 「Final Fantasy7」~Those Who Fight Further
9. 「Final Fantasy6」~Dancing Mad
10. 「Final Fantasy10」~Fight With Seymour
[2013/01/25 07:51] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#89 一触即発 / 四人囃子 



1974年に発売された、四人囃子の一触即発の表題曲です。

四人囃子は日本のプログレッシブロックバンド。
日本のロック黎明期に結成され、卓越した技術は日本を代表するサウンドである。
ベースには、GLAYやL'Arc~en~Cielのプロデュースで有名な佐久間正英が在籍している。

一触即発は四人囃子のメジャーデビューアルバム。
非現実的な歌詞に、実験的な音づくり、非常に優れた技術で作られた全5曲が収録されている。

表題曲は、13分ほどの大曲。
激しいサウンドが奏でられたと思ったら、日本的な情緒感の溢れるボーカルパートに移ったり、とても気持ち良く聴け、楽しめる楽曲である。

音楽好きならぜひ一度聴いておくべきでしょう。

issyokusokuhatu.jpg

1. ham[ae]beθ
2. 空と雲
3. おまつり (やっぱりおまつりのある街へ行ったら泣いてしまった)
4. 一触即発
5. ピンポン玉の嘆き
[2013/01/24 19:49] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#88 stay / Fayray 



2002年に発売された、Fayrayのstayの表題曲です。

Fayrayは2002年には精力的に活動しており、3枚のシングルをリリースした。
当時は、avexに所属していた。

stayはFayrayの12枚目のシングル。
アルバムの白い花には、別のアレンジが収録されている。
作詞・作曲ともにFayray

聴きどころが多いアレンジで、わかりやすいポップなバラード。
ジャジーな雰囲気も強いが、楽しくおしゃれに聴けるのがまたよし。

個人的にはとても好きなので、ぜひ聴いてみてください。

stay.jpg

1. stay
2. a song for you
[2013/01/23 20:11] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#87 Wish You Were Here / Pink Floyd 



1975年に発売された、Pink FloydのWish You Were Hereの表題曲です。

メンバーはThe Dark Side of the Moonが売れ、すでに混迷の時期に突入していた。
その中で発売されたのが、Wish You Were Hereであった。

Wish You Were HereはPink Floydのアルバム。邦題は、「炎~あなたがここにいてほしい~」。
Roger Watersが旧メンバーのSid Barretに捧げたShine on You Crazy Diamondという組曲に挟まれた形で、計5曲が展開される。

WIsh You Were Hereは同名アルバムの4曲目に配置されている。
作詞はRoger Waters、作曲はDavid Gilmour。

楽曲としては、ストレートなバラード。
David Gilmourのギターが切なく鳴り響く。

あまりに切なく、感傷に満ち溢れていて、自分の人生の中では文句なくバラードの名曲の1つといって良いでしょう。
聴いたことない人はまずは聴いてみてください。話はそれから。

How I wish, how I wish you were here
We're just two lost souls swimming in a fish bowl
Year after year
Running over the same old ground
What have we found?
The same old fears
Wish you were here


wishyouwerehere.jpg

1. Shine On You Crazy Diamond (Part One) (1-5)
2. Welcome To The Machine
3. Have A Cigar
4. Wish You Were Here
5. Shine On You Crazy Diamond (Part Two) (6-9)
[2013/01/22 22:55] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#86 WALKIN' IN THE SUN / YUKIHIRO FUKUTOMI feat. MOMOKO SUZUKI 



2001年に発売された、beatmania Club Mix Original Sound Trackに収録されています。

福富幸宏は東京都出身のミュージシャン。有限会社イコライザの取締役。
日本では初期のころからクロスオーバー的なハウスミュージックを手掛ける。

鈴木桃子は東京都出身のシンガー。COSA NOSTRAに在籍していた。

beatmania Club Mixはゲームセンターで稼働していた音楽ゲーム。
クラブミュージックを中心としたアウトサイダー的な楽曲が特徴。

WALKIN' IN THE SUNはbeatmania Club Mix Disc 1の4曲目に配置されている。
爽やかなハウスミュージックに鈴木桃子の軽やかなボーカルが特徴。

ここまで爽やかにできるのが福富幸宏のかっこよさだと思います。
ゲームミュージックながら、上質な音楽が聴けるのでお勧めです。

clubmix.jpg

ディスク:1

1. SUPER DYNAMITE SOUL(DJ MURPHY)
2. DON’T STOP THE MUSIC~Eric Kupper Club Mix~(COSA NOSTRA)
3. Committed(AMBIVALENCE featuring PHIFE DAWG)
4. WALKIN’ IN THE SUN(YUKIHIRO HUKUTOMI featuring MOMOKO SUZUKI)
5. FALLING~Yukihiro Fukutomi Remix~(COSA NOSTRA)
6. SWEET BREEZE 1234(ESCALATOR TEAM)
7. DOLLY CATCHER(MONTPARNASSE)
8. VENUS ON YOUR SMILE(H II H)
9. DA MUZIK(GIANT TOMO)

DISC2は続きから。続きを読む
[2013/01/21 09:22] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#85 Musique Non-Stop / Kraftwerk 



1986年に発売された、KraftwerkのElectric Cafeに収録されています。
また、1991年に発売された、kraftwerkのThe Mixにはセルフミックス版が収録されています。

Electric CafeはKraftwerkの9thアルバム。2009年のリマスター盤においては、Techno Popと改題された。
kraftwerkの中では、コンピュータが本格的に導入されたアルバムである。

Musique Non-StopはElectric Cafeの3曲目に配置されている。
主題曲である、Techno Popの最後に位置づけられている、

現在は、The Mix版のほうがよく演奏されている。
軽快なリズムと、音楽は止まらない、といったメッセージ性がとても心地よく、聴いていて飽きない。
まさに、Kraftwerkの音楽性を代表する楽曲といっていいだろう。
ぜひ聴いてみてください。

electric_cafe.jpg

1. Boing Boom Tschak
2. Techno Pop
3. Musique Non Stop
4. The Telephone Call
5. Sex Object
6. Electric Cafe

[2013/01/20 10:14] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#84 NITRO GANG / JELLY→ 



2000年に発売された、JELLY→のRODEO GANGに収録されています。

JELLY→は1999年にメジャーデビューし、2000年に1stアルバムをリリースした。
この頃は、ファッションパンクを主体として活動していた。

RODEO GANGはJELLY→の1stアルバム。
ジャケットからもわかる通り、完全にファッションパンクだが、ヤフミの叙情的な歌詞が人気を博していた。

NITRO GANGはRODEO GANGの11曲目に配置されている。
2分24秒と短いながら、ハイスピードで展開される楽曲に人気がある。

この曲の特徴はパンクでありながら、こういう音楽が好きな人のネガティブな部分を刺激している点にあると思う。
もっともわかりやすく指摘しているので、なかなかあざといと思うが名曲であると思う。

さみしくないよう 銃を撃ちまくる
胸にあいた穴は I just lonely NITRO GANG

神様どうして 涙はこぼれる 必死に必死に隠した
きっといつかは 笑い合えるさ きっときっと always Im crying


rodeo_gang.jpg

1. RODEO RADIO
2. NO THANKS BLUE GHOST
3. 光を放つように(GANG MIX)
4. HOWLING SUNDAY
5. MY WAY
6. ROCKER(STUD BULL VERSION)
7. イナズマ
8. おもちゃのピストル(GANG MIX)
9. I'm standing
10. FATMAN'S SLOWLY WALKIN' IN THE MORNING
11. NITRO GANG
12. Silver fox falls into pitfall(GANG MIX)
13. LONDON NIGHT MOVIE

[2013/01/19 08:57] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#83 風のとおり道 / 久石譲 



1988年に発売された、久石譲のとなりのトトロサウンドトラック集に収録されています。

久石譲は日本の作曲家。多くの映画音楽を手掛ける。
映画音楽以外にも、ミニマルミュージックなどの現代音楽も手掛ける。

となりのトトロサウンドトラック集はとなりのトトロのBGMやテーマソングなどを収録している。
一部が合唱曲などに使用され、とても有名な曲が収録されている1枚となっている。

風のとおり道は、となりのトトロサウンドトラック集の13曲目に配置されている。
となりのトトロのメインテーマの扱いとなっている。

とても雄大で荘厳な雰囲気が漂うが、Mike Oldfield的でもあり、実はミニマルミュージック的なアプローチがとても輝く名曲。
耳を傾けるだけで、充実した気分を味わえるのはそうそうないので、ぜひ一聴を。

tonarino_totoro.jpg

1. さんぽ(井上あずみ)
2. 五月の村
3. オバケやしき!
4. メイとすすわたり
5. 夕暮れの風
6. こわくない
7. おみまいにいこう
8. おかあさん(井上あずみ)
9. 小さなオバケ
10. トトロ
11. 塚森の大樹
12. まいご(井上あずみ)
13. 風のとおり道
14. ずぶぬれオバケ
15. 月夜の飛行
16. メイがいない
17. ねこバス
18. よかったね
19. となりのトトロ(井上あずみ)
20. さんぽ(合唱つき)(井上あずみ,杉並児童合唱団)

[2013/01/18 08:45] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#82 Sing It Back / Moloko 



1998年に発売された、MolokoのI AM A NOT DOCTORに収録されています。

Molokoはイングランドのユニットである。
トリップホップの楽曲が多い。

I AM NOT A DOCTORはMolokoの2枚目のアルバム。
かなり固めの音楽ながら、ヒットシングルをいくつか有する。

Sing It BackはI AM A NOT DOCTORの7曲目に配置されている。
クラブシーンで大ヒットし、数々のリミックスが出されている。

楽曲的にはリズムトラックとボーカル(メロディ)のみと、めちゃくちゃ質素ながら、とても聴きやすい魅力的である。
聴いたことがない人はぜひ。リミックスも、YouTubeでお探しあれ。

Bring it back
Sing it back
Bring it back
Sing it back to me


iamnotadoctor.jpg

1. The Flipside
2. Knee Deepen
3. Blink
4. Stylophone Pet
5. Downsized
6. Sorry
7. Sing It Back
8. Pretty Bridges
9. Be Like You
10. Caught In A Whisper
11. Dr Zee
12. The ID
13. Tatty Narja
14. Over My Head
15. Should've Been Could've Been

[2013/01/17 08:30] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#81 Where the Streets Have No Name (I Can't Take My Eyes off You) / Pet Shop Boys 



1991年に発売された、Pet Shop BoysのDiscography: The Complete Singles Collectionに収録されています。

Pet Shop Boysは1991年には、アルバムBehaviourを筆頭に、様々な作品をリリースしていた。
その中でも特徴的な楽曲が、Where the Streets Have No Name (I Can't Take My Eyes off You)である。

この曲は、U2のWhere the Streets Have No Nameをハイエナジー調にして、Can't Take My Eyes off Youとメドレーにしたもの、
取り組みとしては面白く、楽しいものとなっている。

この曲を聴いたU2は激怒したらしい。(笑)

何せPet Shop Boysのカバーなので、異様な感じ。でも楽曲としての出来はとても面白く、一聴の価値があります。

Where the streets have no name
Where the streets have no name
We're still building, then burning down love
Burning down love
And when I go there
I go there with you
Where the streets have no name
Can't take my eyes off of you

I love you, baby, and if it's quite alright
I need you, baby, to warm a lonely night

So let me love you, baby
Let me love you


Pet_shop_boys-discography_the_complete_singles_collection-frontal.jpg

1. West End Girls
2. Love Comes Quickly
3. Opportunities (Let's Make Lots Of Money)
4. Suburbia
5. It's A Sin
6. What Have I Done To Deserve This?
7. Rent
8. Always On My Mind
9. Heart
10. Domino Dancing
11. Left To My Own Devices
12. It's Alright
13. So Hard
14. Being Boring
15. Where The Streets Have No Name (I Can't Take My Eyes Off You)
16. Jealousy
17. DJ Culture
18. Was It Worth It?
[2013/01/16 18:38] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#80 Willy Use A Billy...Boy / E-ROTIC 



1996年に発売された、E-ROTICのTHE POWER OF SEXに収録されています。

E-ROTICは、ドイツのダンスポップユニットである。
性的な表現が人気を博し、1990年代でドイツで最も人気を博したユニット。

THE POWER OF SEXはE-ROTICの2ndアルバム。
ヒットシングルを多く収録しており、全体的にダンスポップが多い。

Willy Use A Billy...BoyはTHE POWER OF SEXの1曲目に配置されている。
ただし、国により配置が異なり、日本版は2曲目に配置されている。
また、シングルでもリリースされている。
Dancemaniaシリーズでは、よくベスト盤に収録されていた。

明るく楽しいダンスチューンで、90年代のユーロポップを代表する楽曲。
歌詞はセックスの際にコンドームを使用してほしい、といった性教育的な内容。
過激な歌詞なので、引いてしまうかも知れませんが、ぜひ聴いてみてください。

Oh, Willy use a Billy
Don't be silly
Oh baby, sex is joy, but use a Billy, boy
Oh, Willy use a Billy
Silly Willy
A Billy for your thrilling joy, oh use a Billy, boy

I wanna a Billy boy


E-Rotic-The-Power-Of-Sex.jpg

1. Willy Use A Billy..Boy
2. Why
3. Help Me Dr. Dick
4. Ecstasy
5. The Power Of Sex
6. Love And Sex Are Free
7. Talk To Your Girl
8. Fritz Love My Tits
9. Erotic Dreams
10. Tears In Your Blue Eyes
11. Gimme Good Sex
12. Angel's Night
13. Freedom
14. Willy Use A Billy..Boy - The House Remix
15. Help Me Dr. Dick - The First Aid Remix
[2013/01/15 20:37] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#79 虹 / 電気グルーヴ 



1994年に発売された、電気グルーヴのDRAGONに収録されています。

電気グルーヴは、1994年頃にピエール瀧がテレビ番組ポンキッキーズに出演するなど、メディア出演が多くなっていった。
また、海外進出も模索していくようになった。

DRAGONは、電気グルーヴの5thアルバム。
インストゥルメンタルが多くを占めており、以降の方向性をある程度示した作品となっている。

虹はDRAGONの10曲目に収録されてる。のちにシングルカットされ、6thシングルとしてリリースされた。
作詞・作曲ともに石野卓球。ボーカルは五島良子と石野卓球の混声。

シンプルな構成ながら、美しい楽曲展開が魅力的。
聴いたことのない人は、ぜひ聴いてみましょう。


くりかえす事もタマにある ぼんやりとただ意味なく
遠く短い光から 水のしずくハネかえる
ゆっくり消える虹みたく トリコじかけにする


dragon.jpg

1. ムジナ
2. ポポ(ダビング・ユー・ミックス)
3. バロン・ダンス
4. カメライフ
5. ザ・マーブル・メン
6. お正月
7. カメレオン・マニア
8. ノイ・ノイ・ノイ
9. ブラジリアン・カウボーイ
10. 虹

[2013/01/14 09:02] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#78 MYSTIC RE-QUEST I / 笹井隆司 



1993年に発売された、FINAL FANTASY USA MISTIC QUEST SOUND COLLECTIONSに収録されています。

笹井隆司はNovelaのベーシストであった。
Novelaが1986年に解散すると、ゲーム音楽の作曲業にも手を出すようになった。

FINAL FANTASY USA MISTIC QUEST SOUND COLLECTIONSは、FINAL FANTASY USA MISTIC QUESTのサウンドトラックで、川上泰広との合作。
笹井隆司はバトル系の音楽を広く担当した。

MYSTIC RE-QUEST IはFINAL FANTASY USA MISTIC QUEST SOUND COLLECTIONSの1曲目に配置されている。
ゲーム収録曲の、最後の城と溶岩ドームのアレンジである。

ゲーム音楽でありながら、メタル要素とプログレ要素を持ったなかなかアグレッシブな音づくりが特徴。

final_fantasy_mystic_quest.jpg

1.MYSTIC RE-QUEST Ⅰ
2.MYSTIC RE-QUEST Ⅱ
3.ミスティック・クエスト
4.運命の丘
5.ワールド
6.麓の森
7.バトル1
8.勝利のファンファーレ
9.森の町(フォレスタ)
10.化石の迷宮
11.バトル2
12.中央の塔
13.光のほこら
14.ロックのテーマ
15.友情のファンファーレ
16.氷の洞窟
17.洞窟と滝
18.火の町
19.ロックンロール
20.溶岩ドーム
21.風の町(ウインディア)
22.疾風の山脈
23.クリスタル登場
24.最後の城
25.バトル3
26.ミスティック バラード
27.エンディング
28.RE-MIXTIC QUEST
[2013/01/13 11:56] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#77 ののの唄 / 大槻ケンヂ 



1995年に発売された、大槻ケンヂのI STAND HERE FOR YOUに収録されています。

大槻ケンヂは、1995年にソロ活動を始めた。一時期、筋肉少女帯の活動を停止していたが、自分には音楽しかないから、と思ったからだそう。
当時、彼は心に病を抱えており、それを表現するための手段として、ソロアルバムをとった。

I STAND HERE FOR YOUは大槻ケンヂの2ndアルバム。
「いい日があるから生きていこう」を主題にしたコンセプトアルバムである。

ののの唄は、I STAND HERE FOR YOUの5曲目にに配置されている。
このアルバムは4部に分けられるが、2部に位置づけられている。

明るく楽しい雰囲気の音楽で、「のの」という女の子に思いを寄せた男のメッセージソング。
大槻ケンヂの優しくまっすぐなメッセージが伝わってくる。
短いですがとても良い曲なのでぜひ聴いてみましょう。

のの、バナナの皮ですべってころんで
それで君が笑うって言うんなら
やるぜ、オレ


Istandheredoryou.jpg

1. 青春の蹉跌のテーマ・パート1
2. モンブランケーキ
3. 猫のリンナ
4. 青春の蹉跌のテーマ・パート2
5. ののの唄
6. FOOLISH GO-ER
7. それでも,また会えたらいいね
8. 青春の蹉跌のテーマ・パート3
9. お世話になりました
10. 天使たちのシーン
11. 青春の蹉跌のテーマ・パート4
12. あのさぁ
[2013/01/12 09:32] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#76 巨人のダンジョン / 植松伸夫 



1991年に発売された、植松伸夫のFINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND VERSIONに収録されています。

植松伸夫は1991年に発売された、スクウェアのFINAL FANTASY IVのBGMを制作していた。
本作のすべての楽曲を手掛けている。

FINAL FANTASY IV ORIGINAL SOUND VERSIONはFINAL FANTASY IVのBGMをすべて収録している。
スーパーファミコン当初に発売された音楽ながら、見事な音質のものであった。

巨人のダンジョンは、42曲目に配置されている。
ゲームとしては、巨人バブイルに潜入するときと、ラストダンジョンの最深部で流れる。

不協和音を効果的に使ったベース音に、勇ましいトランペットの音が鳴り響く名曲。
心が奮い立たされる音楽は、ゲーム音楽としては定番ながらも、勇ましさでは随一。
ゲーム音楽好きにはたまらないと思いますので、ぜひ聴いてみてください。

final_fantasy_iv_original_sound_version.jpg

1. プレリュード
2. 赤い翼
3. バロン王国
4. 愛のテーマ
5. オープニング
6. 街のテーマ
7. ファイナルファンタジー4・メインテーマ
8. バトル1
9. 勝利のファンファーレ
10. デブチョコボ登場
11. チョコボ
12. ダンジョン
13. バトル2
14. ボムの指輪
15. 少女リディア
16. ダムシアン城
17. 哀しみのテーマ
18. ギルバートのリュート
19. 試練の山
20. ファブール国
21. 脱出
22. 疑惑のテーマ
23. 黒い甲冑ゴルペーザ
24. 親方シド
25. ミシディア国
26. 長い道のり
27. パロム・ポロムのテーマ
28. ゴルペーザ四天王とのバトル
29. 飛空艇
30. トロイア国
31. サンバ・デ・チョコボ
32. バブイルの塔
33. 一方その頃
34. ドワーフの大地
35. キング・ジォットの城
36. 踊る人形カルコブリーナ
37. ゾットの塔
38. 幻獣の街
39. 魔導船
40. もう一つの月
41. 月の民
42. 巨人のダンジョン
43. 最後の闘い
44. エンディング・テーマ

[2013/01/11 00:01] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#75 よろこびのうた / Dreams Come True 



1997年に発売された、Dreams Come TrueのSING OR DIEに収録されています。

Dreams Come Trueは、レコード会社とのトラブルの後、ヴァージン・レコード・アメリカに移籍し、自分たちのレーベルを立ち上げた。(Virgin/D.C.T.)
同時に、アメリカデビューも視野に入れた活動を広げていった。

SING OR DIEはそのような渦中の中、発売されたDreams Come Trueの9thアルバムである。
前作はLOVE LOVE LOVEなどのヒット作もあり大ヒットしたが、今作は混迷の時期にあり以前のような大ヒットとはいかなかったが、タイトル通り力強さがあり、非常に聴きやすい1枚となっている。

よろこびのうたは、SING OR DIEの10曲目に配置されている。
作詞・作曲ともに吉田美和。民族音楽的なアレンジが各所に施された名曲。

歌詞は誕生を表した、自然な喜びを意識したもの。
ベスト盤にも収録されていて有名な楽曲だとは思いますが、聴いたことのない方はぜひ聴いてみてください。

目のなかで 一途に輝く水晶
わたしを映して光る ちいさな銀河
よわいんだよな だって 太陽みたいに笑うんだ

堰を切って流れ込む あたたかいきもち
よろこびうたう魂 降りてこい


singordie.jpg

1. SING OR DIE OPENING TEHEME
2. 愛するこころ
3. あはは
4. PEACE!
5. ケロケロ
6. たんぽぽの堤防
7. そんなの愛じゃない
8. 誘惑(アルバム・ミックス)
9. MARRY ME?
10. よろこびのうた
11. そうだよ(アルバム・ミックス)
12. 月光

他に紹介している曲
あなたに会いたくて
[2013/01/10 03:18] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#74 GOOD BYE EARTH / Zabadak 



1989年に発売された、Zabadakの飛行夢(そらとぶゆめ)に収録されています。

Zabadakは、アルファレコードに移籍、プログラミングから生音重視の音楽姿勢に変化していった。
その中で発表されたアルバムが、飛行夢(そらとぶゆめ)である。

飛行夢(そらとぶゆめ)はZabadakの4thアルバム。
アルバムを通して、浮遊感漂うフレーズがほぼ存在する。

GOOD BYE EARTHは飛行夢(そらとぶゆめ)の6曲目に配置されている。
作詞・作曲とも吉良知彦。ボーカルは上野洋子がとっている。
全英語詞で、者悲しげなギターアレンジが全体に施されている。

歌詞としては、環境破壊を全面的に歌っている。
今となっては当たり前の歌詞でも、Zabadakはかなり前から環境破壊について歌っていて、この曲がほぼ最初くらい?だと思われる。
何せ直球の歌詞なので、聴いていて恥ずかしくなる部分もあるかもしれませんが、ぜひ一聴する価値はあるでしょう。

Well i have one question for you
Why do they think they're so clever
Turely it is so strange to me
WHY is MAN the lord of creation

Streams...and reivers...the ocean
We destroyed it
Many woods....and forest....the jungle
We destroyed it

If we can't stop it
Maybe we must say good-bye to mother earth


soratobuyume.jpg

1. FOLLOW YOUR DREAMS
2. 飛行夢(そら とぶ ゆめ)
3. 砂煙のまち
4. I AM…
5. THERE'S A VISION
6. GOOD BYE EARTH
7. 街角・影法師
8. 人形たちの永い午睡
9. WALKING TOUR
10. LET THERE BE LIGHT

他に紹介している曲
アジアの花
Wonderful Life
[2013/01/09 19:03] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#73 Far Above the Clouds / Mike Oldfield 



1998年に発売された、Mike OldfieldのTubular Bells IIIに収録されています。

Mike Oldfieldは90年代には精力的に音楽活動をしており、特に自分自身の音楽と向き合うために、サンプリングという手法を用いてアルバムを作成した。

それが、Tubular Bells IIIである。ダンサンブルなアレンジと、過去の作品のサンプリングからか、当時は物議を醸した。
この作品は、Tubular Bells自体が彼の音楽であることを示す、重要な作品である。

Far Above The CloudsはTubular Bells IIIの11曲目に配置されており、10曲目のSecretsとつながる。
オープニングのThe Source of secretsからつながる最後の曲で、Tubular Bellsの意味を結論づけるための重要な楽曲。

途中、Mike Oldfieldの娘であると思われる子どもの声で囁きがあり、

And the man in the rain picked up his bag of secrets,
and journeyed up the mountainside,
far above the clouds,

and nothing was ever heard from him again,
except for the sound of TUBULAR BELLS


そこからチューブラーベルの鐘の音が鳴り響き、Ommadawnのパーカッションの音が鳴り響き、Tubular Bells,Pt.1のラストのベース音が響き渡り、曲が終わると鳥の声と、The Source of Secretsのグラスハープが鳴って終わる展開となる。

やはりMike Oldfieldの音楽が秀逸であるのは、音楽でちゃんと物語ってくれるということと、それが決してかっこつけているものではないということ。そうでなければ、こんなにサンプリングしないし。

彼の音楽は一生愛し続けたい。

TubularBellsIII.jpg

1. The Source Of Secrets
2. The Watchful Eye
3. Jewel In The Crown
4. Outcast
5. Serpent Dream
6. The Inner Child
7. Man In The Rain
8. The Top Of The Morning
9. Moonwatch
10. Secrets
11. Far Above The Clouds

他に紹介している曲
Tubular Bells,Pt.1
To France
[2013/01/08 00:24] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#72 サンフランシスコ / 筋肉少女帯 



1988年に発売された、筋肉少女帯の仏陀Lに収録されています。

筋肉少女帯は、1988年にトイズファクトリーよりメジャーデビューを果たした。
メンバーは安定していないが、三柴江戸蔵という中核のピアニスト・キーボーディストがいたため、かなりハイクオリティのデビューサウンドであった。

仏陀Lは、筋肉少女帯のデビューアルバム。
インディーズ時代のサウンドを中心に、プログレッシブなサウンドの仕上がりとなっている。

サンフランシスコは、仏陀Lの6曲目に配置されている。
作詞は大槻ケンヂ、作曲は三柴江戸蔵。後にリテイクされ、ベストアルバムのタイトルにもなった。

ハイテンポな1曲。歌詞にある通り、サーカスを意識したようなサウンドで展開される。
サーカスで出会った男女の思い違いを描いた楽曲で、デビュー当時より人気があり、現在でもライブで演奏される。

ぜひ聴いてみてください。

ノウズイは ものを思うに
ものを思うにはあらず
ものを思うは ものを思うは
むしろこの街
サーカスが来ると 二人ドキドキして
「まだぼくは君を」なんて
「きっとうまくいくわ」なんて
綱渡りみたいに

サンフランシスコ


budda_L.jpg

1. モーレツ ア太郎
2. 釈迦
3. 福耳の子供
4. オレンヂ・エビス
5. 孤島の鬼
6. サンフランシスコ
7. イタコLOVE ~ブルーハート~
8. ノーマン・ベイツ
9. ペテン師、新月の夜に死す!

他に紹介している曲
また会えたらいいね
[2013/01/07 09:41] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#71 Otherside / Red Hot Chili Peppers 



1999年に発売された、Red Hot Chili PeppersのCalifornicationに収録されています。

Red Hot Chili Peppersはアメリカのミクスチャーロックバンド。
ミクスチャーロックとは、ファンクやパンクロックを混ぜ合わせた音楽で和製英語。

Californicationは、Red Hot Chili Peppersの7枚目のアルバム。
従来のミクスチャーサウンドからメロディアスな路線へと変わった復帰作となっている。

OthersideはCalifornicationの4曲目に配置されているバラード。
明快さ、アメリカンな憂愁さ、コーラスの重ね方、各楽器の離れ具合など、すべてにおいて秀作。

自分も聴き始めて間もないですが、この楽曲の素晴らしさには脱帽。
友人たちがレッチリ大好きなのも頷けます。ぜひぜひ聴いてみましょう。

Centuries are what it meant to me
A cemetery where I marry the sea
Stranger things could never change my mind
I've got to take it on the other side

Take it on the other side
Take it on the other side
Take it on
Take it on


californication.jpg

1. Around The World
2. Parallel Universe
3. Scar Tissue
4. Otherside
5. Get On Top
6. Californication
7. Easily
8. Porcelain
9. Emitremmus
10. I Like Dirt
11. This Velvet Glove
12. Savior
13. Purple Stain
14. Right On Time
15. Road Trippin'
[2013/01/06 02:41] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#70 先天性労働者 / THE STALIN 



1983年に発売された、THE STALINのGO GO スターリンに収録されています。
CDでは、虫に収録されています。

THE STALINは、メンバーが固定せず、遠藤ミチロウ以外は脱退・加入を繰り返している状態だった。

GO GO スターリンはTHE STALINの3枚目のシングル。共産主義的な一面が濃い一作。
虫はTHE STALINの3枚目のアルバム。2003年にリマスターされている。

先天性労働者はGO GO スターリンの3曲目に配置されており、虫では2003年のリマスター盤で15曲目に配置されている。
楽曲としてはTHE STALINにしては普通の速度である。

歌詞の内容は共産党宣言の一部を引用したもの。
かっこいいのでぜひ聴いてみましょう。

今日まで、あらゆる社会の歴史は
階級闘争の歴史である
今日まで、あらゆる階級闘争の歴史は
敗北の歴史である

そのまま そのまま そのまま 伏せろ
そのまま 止まれ そのまま 消えろ
そのまま うせろ そのまま 終れ
そのまま 眠れ


gogo_stalin.jpg

1. GO GO スターリン
2. カタログZ
3. 先天性労働者

他に紹介している曲
T-Legs
[2013/01/05 11:06] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#69 been so long / m-flo 



2000年に発売された、m-floのPlanet Shiningに収録されています。

m-floはMCのVERVALとDJの☆TAKUで構成されるユニット。
ゲストボーカルを迎えて楽曲を作成することが多いが、デビュー当時はVOCALのLISAが在籍していた。

Planet Shiningはm-floの1stアルバム。
2012年のGlobal Astro Liner号での宇宙旅行という設定のコンセプトアルバムとなっており、interludeが合間に挟まれる。

been so longはm-floのデビューシングル、the tripod e.p.およびPlanet Shiningに収録されている。
アルバムでは16曲目に配置されている。
m-floの代表曲。全体的にm-floの実力が大きく出ている楽曲となっていて、聴いていて心地よく爽やかな印象を受ける。

とてもかっこよく美しいこの楽曲をぜひ聴いてみましょう。

I've been waiting for so long,
時と共に消えて行くの
Broken promises, 甘い言葉に誘われて yeah


planet_shining.jpg

1. (Intro)
2. Ten Below Blazing
3. (Announcement)
4. Planet Shining
5. Come Back To Me
6. (Guidance)
7. chronopsychology
8. Hands
9. (Radio Show )
10. saywhatchugotta
11. Just Be
12. (Line Holding )
13. Quantum Leap
14. L.O.T.(Love Or Truth)
15. Deep Within
16. been so long
17. Outro
[2013/01/04 10:05] 2000年代 | TB(0) | CM(0)

#68 Blue Lagoon / 高中正義 



1979年に発売された、高中正義のJolly Jiveに収録されています。

高中正義はギタリストでミュージシャン。フュージョン的な音楽性を持っている。
様式美を大切にした作曲をする。

Jolly Jiveは高中正義の6枚目のアルバム(だと思われる)。
透き通ったサウンドにテクニカルなギターサウンドが奏でられる面白い作品。

Blue LagoonはJolly Jiveの1曲目に配置されている。
高中正義ワールド全開のサウンドがかっこよく、楽しく聴ける1曲。高中正義の代表曲でもある。

とにかく聴いていて言えるのは楽しいということ。
良かったら聴いてみてくださいね。

Jolly+Jive+cover.jpg

1. BLUE LAGOON
2. RADIO RIO
3. EXPLOSION
4. 珊瑚礁の妖精
5. TAJ MAHAL
6. BAMBOO VENDER
7. パラレル・ターン
8. RAINY DAY BLUE
[2013/01/03 10:51] 1970年代 | TB(0) | CM(0)

#67 Close To Your Heart / 愛内里菜 



2001年に発売された、愛内里菜のBe Happyに収録されています。

愛内里菜は、2010年に引退した歌手。
現在はドッグブランドBon Bon Copineを経営している。

Be Happyは愛内里菜の1stアルバム。タイアップなどが功を奏して、売れ行きはかなり良かった。
ダンスポップが中心だが、愛内里菜の歌唱力を理解するには十分な一枚であった。

Close To Your Heartは愛内里菜のデビューシングル。
元読者モデルとあって、4色別ジャケットで発売もした異色作。

楽曲自体は平凡なダンスポップだが、先述の通り歌唱力が非常に高く、見た目の印象とは大きくかけ離れる。
声域が高いのも特徴だが、強い歌声で聴き手を不快にさせないのも強い。
有名ですがぜひ聴いてみましょう。

凍えそうな夜に抱きしめるほど こぼれてく切なさ
些細な言葉だけに 傷つけられたり時には癒され

あたたかい腕の中、口唇、嘘、なんて…
失くしそうになれば見せる 優しさなんて欲しくない

Please tell me how can I close to your heart


be_happy

1. be happy?
2. Close To Your Heart
3. 恋はスリル,ショック,サスペンス
4. snow drop
5. Her Lament~誰にも聞こえない彼女の叫び~
6. It’s crazy for you
7. Can you feel my・・・?
8. Ohh!Paradise Taste!!
9. kimi e no sayonara
10. Dear・・・。From・・・。
11. be happy.
[2013/01/02 10:23] 2000年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。