スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#102 Eleanor Rigby / The Beatles 



1966年に発売された、The BeatlesのRevolverに収録されています。

The Beatlesは、1966年精力的に活動していた。
日本公演、フィリピン公演など、公演旅行を行っていたが、この年以降行っていない。

Revolverは、The Beatlesの7枚目のアルバムである。
サイケデリックロックといわれ、レコーディングバンドとなる過渡期のアルバムである。

Eleanor RigbyはRevolverの7曲目に配置されている。
また、The Beatlesの13枚目のシングルであり、Yellow Submarineの両A面シングルであった。

エリナー・リグビーという身寄りのない老女と、誰からも相手にされないマッケンジー神父という架空の人物を悲劇的に書いた物語的な曲。
ストリングスアレンジがなかなかかっこいい。

Eleanor Rigby picks up the rice in the church where a wedding has been
Lives in a dream
Waits at the window, wearing the face that she keeps in a jar by the door
Who is it for?

All the lonely people
Where do they all come from?
All the lonely people
Where do they all belong?


beatles_revolver_f-up.jpg

1. Taxman
2. Eleanor Rigby
3. I'm Only Sleeping
4. Love You To
5. Here, There and Everywhere
6. Yellow Submarine
7. She Said, She Said
8. Good Day Sunshine
9. And Your Bird Can Sing
10. For No One
11. Doctor Robert
12. I Want to Tell You
13. Got to Get You into My Life
14. Tomorrow Never Knows
スポンサーサイト

[2013/02/06 20:06] 1960年代 | TB(0) | CM(0)

#004 21st Century Schizoid Man / King Crimson 



1969年に発売された「クリムゾン・キングの宮殿」に収録されている楽曲です。
名実ともに、当時の音楽を引っ張った名曲でしょう。

ロックなのに、ジャジーでヘヴィーな感じがするのは、プログレッシブロックの幕開けというのに相応しい内容です。
ちなみに個人的にはジャケットが好きで、iPhoneのカバーもこれにしてあります。

king_crimson_court_.gif
1. 21st Century Schizoid Man (Including Mirrors)
2. I Talk To The Wind
3. Epitaph (Including March For No Reason/Tomorrow And Tomorrow)
4. Moonchild (Including The Dream/The Illusion)
5. The Court Of The Crimson Song (Including The Return Of The Fire Witch/The Dance Of The Puppets)

[2012/05/27 17:51] 1960年代 | TB(0) | CM(0)

#002 Revolution9 / The Beatles 



1968年に発売された、The Beatles(White Album)に収録されている、ミュージック・コンクレート作品。
この曲はビートルズの中でもとりわけ長く、8分を超える。

ミュージック・コンクレートとは、テープを切り貼りして作られた実験的な音楽のこと。
でも、ぶっちゃけジョン・レノンの作品。

こういうのは音楽って言えるのか、って言ったら音楽なんですよね~。
残念ながら、ビートルズなのにカラオケには入っていません。
自分の生きていなかった、時代背景が聞こえてくるようで、最近はまっています。

10WHITEALBUM.jpg
ディスク:1
1. Back in the U.S.S.R.
2. Dear Prudence
3. Glass Onion
4. Ob-La-Di, Ob-La-Da
5. Wild Honey Pie
6. Continuing Story of Bungalow Bill
7. While My Guitar Gently Weeps
8. Happiness Is a Warm Gun
9. Martha My Dear
10. I'm So Tired
11. Blackbird
12. Piggies
13. Rocky Raccoon
14. Don't Pass Me By
15. Why Don't We Do It in the Road?
16. I Will
17. Julia

ディスク:2
1. Birthday
2. Yer Blues
3. Mother Nature's Son
4. Everybody's Got Something To Hide Except Me And My Monkey
5. Sexy Sadie
6. Helter Skelter
7. Long, Long, Long
8. Revolution 1
9. Honey Pie
10. Savoy Truffle
11. Cry Baby Cry
12. Revolution 9
13. Good Night

[2012/05/25 13:45] 1960年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。