スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

#109 僕の歌を総て君にやる / 筋肉少女帯 



1996年に発売された、筋肉少女帯のキラキラと輝くものに収録されています。

筋肉少女帯は1994年に活動が一時中断していたが、1996年にアルバムをリリースして活動を再開。
逃避や妄想などのコンセプチュアルな内容から、私小説的な楽曲が多くなっていった。

キラキラと輝くものは筋肉少女帯の11枚目のアルバム。
大槻ケンヂの私小説的な雰囲気と、橘高文彦のメロメタル的な要素が濃いが、ポップな楽曲も多い。

僕の歌を総て君にやるはキラキラと輝くものの4曲目に配置されている。
また、13枚目のシングル。

完全に泣きの入ったメロメタルであり、今までの筋肉少女帯の流れとは完全に異なる。
歌詞もさみしげで、大槻ケンヂの思いの丈がぶつかったような楽曲。

名曲であることは間違いないので、ぜひ聴いてみてください。

ああ子供たちは 息たえる時に
童謡を歌うと聞くぜ
君のスカートにポケットはあるか?
あるならホラ手出してごらん
君のソックスは折り返せるだろ?
だったらホラ挟んでごらん
人を救うはずなのに 自分さえ
救えやしない人のさ 心さ

大好きだよ君が 初めてさぁ言うが
僕の歌を総て 君にやるよ
どうも俺は 長く生きてけないような
気がするから だから総てやるよ


kirakira.jpg

1. 冬の風鈴~序文
2. 小さな恋のメロディ
3. 機械
4. 僕の歌を総て君にやる
5. サーチライト
6. そして人生は続く
7. ザジ,あんまり殺しちゃダメだよ
8. ベティー・ブルーって呼んでよね
9. お散歩モコちゃん
10. 冬の風鈴
スポンサーサイト

[2013/02/13 00:39] 1990年代 | TB(0) | CM(0)

#72 サンフランシスコ / 筋肉少女帯 



1988年に発売された、筋肉少女帯の仏陀Lに収録されています。

筋肉少女帯は、1988年にトイズファクトリーよりメジャーデビューを果たした。
メンバーは安定していないが、三柴江戸蔵という中核のピアニスト・キーボーディストがいたため、かなりハイクオリティのデビューサウンドであった。

仏陀Lは、筋肉少女帯のデビューアルバム。
インディーズ時代のサウンドを中心に、プログレッシブなサウンドの仕上がりとなっている。

サンフランシスコは、仏陀Lの6曲目に配置されている。
作詞は大槻ケンヂ、作曲は三柴江戸蔵。後にリテイクされ、ベストアルバムのタイトルにもなった。

ハイテンポな1曲。歌詞にある通り、サーカスを意識したようなサウンドで展開される。
サーカスで出会った男女の思い違いを描いた楽曲で、デビュー当時より人気があり、現在でもライブで演奏される。

ぜひ聴いてみてください。

ノウズイは ものを思うに
ものを思うにはあらず
ものを思うは ものを思うは
むしろこの街
サーカスが来ると 二人ドキドキして
「まだぼくは君を」なんて
「きっとうまくいくわ」なんて
綱渡りみたいに

サンフランシスコ


budda_L.jpg

1. モーレツ ア太郎
2. 釈迦
3. 福耳の子供
4. オレンヂ・エビス
5. 孤島の鬼
6. サンフランシスコ
7. イタコLOVE ~ブルーハート~
8. ノーマン・ベイツ
9. ペテン師、新月の夜に死す!

他に紹介している曲
また会えたらいいね
[2013/01/07 09:41] 1980年代 | TB(0) | CM(0)

#32 また会えたらいいね / 筋肉少女帯 



1990年に発売された、筋肉少女帯のサーカス団パノラマ島へ帰るに収録されています。

筋肉少女帯は、大槻ケンヂを初めとしたプログレッシブロック、ハードロックのバンド。
メンバー各自がオリジナリティ溢れるセンスと影響があり、独特な音楽を生み出している。

サーカス団パノラマ島へ帰るは、筋肉少女帯の中でも売れたアルバム。
メンバーチェンジ後2枚目のアルバムで、プログレやハードロック、メタルなどが混ざっている。
全体的な傾向として、逃避をテーマにしていると思われる。

また会えたらいいねは、インディーズ時代から演奏していた楽曲。
サーカス団パノラマ島へ帰るの曲を代表するような展開が魅力的。

歌詞は遠い国のサーカスで出会った男女がふとしたことで分かれてしまうが、また会えたらいいね、といった趣。

僕が僕であることに もう気がつかなくちゃ
君が君であることに もう気がつかなくちゃね

黒いネコは 朝になると一人で 音もたてずに 逃げて行ってしまったね
追いかけた二人も 離れて行った いつか二人が遠い異国で会っても
もしも二人が地獄なんかで会っても ゆき過ぎてゆくでしょう
気づきもせずに


img_306811_50930049_0.jpg

1. サーカスの来た日
2. ビッキー・ホリディの唄
3. 詩人オウムの世界
4. 労働者M
5. アメリカン・ショートヘアーの少年
6. 23の瞳
7. 電波Boogie
8. パノラマ島へ帰る
9. 航海の日
10. また会えたらいいね
11. お別れの日
12. 元祖 高木ブー伝説

他に紹介している曲
サンフランシスコ
[2012/11/28 19:54] 1990年代 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。